« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(9) »

2004年9月17日 (金)

経済制裁発動を要求する緊急国民集会(10)

櫻井よしこさん司会
さてここで内閣官房参与として帰国した拉致被害者のみなさんの心の支えなり続けてくださっています中山恭子さんにお願いをしたいと思います。

10 中山恭子内閣官房参与 挨拶

みなさまこんばんは。今日は実はちょっと心配をしておりました。日本人であれば、拉致された日本人が北朝鮮に行っていると言うことに必ず関心を持ってくださっていると信じてはおりましたが、でもひょっとしたら5人の方達とそのご家族が日本に戻りましたので 『なんとなくもうこれでいいや』 というようになっているのではと・・ほんとに今日たくさん来てくださるだろうかと少し心配しておりました。でも、本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

政府が認定しております被害者の中で5人の方が還って帰国できました。北朝鮮で苦労していた様子がよく判ります、話など聞いておりますと。
やっと家族が戻りました。あの家族が一緒になっているというそれだけで、連絡が取れるというそれだけで、あの家族の人達がどんなにかほっとしているか喜んでいるか、見ればすぐに判ります。如何に家族が一緒にいると言うことが、連絡が取れることが大事かということをつくづくと感じております。ヤジ(~~~しなさいよ)(日本。。)

それにつけて、北朝鮮に残されている日本の人々、何とかして一日でも早く帰国してもらわなければいけないとつくづく毎日想いながらおります。

北朝鮮で今どのようにして生活しているか、全く連絡が取れない、幽閉された状態でございます。この方々は日本のことを一日も、忘れたことはないとはずです。親のことを想い、兄弟を想い、残してきた子供のことを毎日一時も忘れずに思い続けているはずです。一日も早く何とかして自分ではなかなか出来ないけれども何とかして日本に戻りたい、戻れますようにと祈り続けているはずだと、思っております。

日本人が拉致されている、日本人であれば、みんなで協力して取り戻してこなければいけない事でございます。国としても当然のことですけれども、なし得る全てのことを行わなければいけません。それが国の役割でございます。(拍手)
ヤジ(早くしないとダメなんだよ。。)(大和魂)(手短に~)(やってねんじゃないか!)(手短に)(こんなこと言ってないで ちゃんとやりなさいよ)
あらゆる手段を考え、なし得る事をやって行かなければいけません。
ヤジ(みんな助かんないよ!)=このあたりからあきらかに、参与は急いで話を終えようとしていた。=
完璧に冷静に相手の動きを見ながらしっかりとやっていかなければいけない。
これからも頑張って参りますのでみなさまもひとりづつ心一つにしてかなくてはいけません。どうぞこれからも拉致のご協力して頂けますように、押してくださいますように心からお願い申し上げます。

司会 櫻井よしこさん

会場の皆様方に私から一言申し上げたいと思います。
中山さんはおだやかな口調ですけれども、そしてあまり多くは語りませんけれども、最も熱烈にこの拉致問題解決に努力されています。政府の一員ですから、お立場上言える事と言えない事があります。私は彼女の今までの熱烈な支持に心から感謝するひとりでございます。(拍手)
◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(9) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(10):

« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(9) »