« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(13) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) »

2004年9月17日 (金)

経済制裁発動を要求する緊急国民集会(12)

 12 西岡 力氏 基調報告 (ぴろんさんテキスト化による)

櫻井よしこさん司会

ここで拉致問題についての基調報告を、救う会の常任委員会副会長でいらっしゃる西岡さんにお願いしたいと思います。
よろしくお願いします。

皆さんこんばんは、西岡でございます。皆さん、入り口でこのチラシを頂いたと思うんですが、これをぜひ出してくださいませんでしょうか。「めぐみさんたちは生きている! 未帰還者全員救出のために、今こそ経済制裁を!」これが今日の集会のテーマであります。

2年前の9月17日に、金正日は拉致を認めたという大きな賭けに出てきたわけです。しかし彼らはその時、本当の事を全部言ったのか?実は2年前、北朝鮮はその2年前以前は拉致はでっち上げだと言う嘘をついて来たんですが、2年前に新しいふたつの嘘をついた。それがここに書いてあります、北朝鮮のふたつの嘘です。

第一が拉致したのは13人だけだと、彼は言ったんです。拉致したのは13人だけだと。そして、8人は死んでいると言うのが、ふたつめの嘘です。13ひく8は5です。5人を返して、その家族を返した。従ってこれで拉致問題は終わりだと、いうのが北朝鮮側の今の嘘です。

2年前私たちはでっち上げだと嘘を突き返す事が出来たんです。しかしこの2年間、新しい13人だけと言う嘘と8人死んだと言う嘘を覆す事が出来ないで、今日を迎えてしまった。そのためには経済制裁しかない、というのが今日の訴えであります。

そこで、ふたつの嘘について、是非ここにいらしゃる皆さんに頭に入れて頂きたいんですね。皆さんがどこにいても、今北朝鮮はまたこのふたつの嘘をついてるんだ、と。それを今3500人集まりましたけれど、3500人の人が、一人が100人に言ってくだされば35万人なんです。それだけの人達に伝えていただきたい。そこで今日は、このふたつの嘘に焦点を絞って集会を企画したわけでありますが、先ほど特定失踪者問題調査会の荒木代表から13人だけなんてのは本当に嘘だと、言う話があったわけです。

それについてもう少しだけ私も追加させていただきますが、日本政府は15人だと言ってるわけです。北朝鮮は13人と言ってるわけです。数字が合わない。二人違ってますよね。これは曾我さんのお母さん・曾我ミヨシさんと、久米裕さん。この二人なんです。曾我さんは家族が帰ってきて一息つかれましたが、しかしこれで半分の解決なんです。曾我さんは実はここに座ってなくちゃいけないんです。家族会の会員なんです。被害者でありながら、拉致被害者家族会の家族なんです。お母さんを助けなくちゃいけない。日本政府が認定してるのは15人なんですから、北朝鮮はそこでもまず二人の嘘をついてるんです。

曾我さんはどうやって拉致されたのか?1978年の8月、お母さんと二人で買い物に行った帰りに、3人の男に後ろから襲われたんです。お母さんと一緒だったんです。そして袋に入れられて、数分歩いた所で小船に乗せられたんです。ところが北朝鮮はどう言ってるか?日本の請負業者が拉致したのでお母さんについては知らない。請負業者が、曾我ひとみさんだけを北朝鮮に渡したんだと嘘をついてる。

どこに?3人の男が曾我さんを襲って数分の間に、どこに請負業者がいたのか?(机を叩いて)そのまま工作船に乗せてチョンジンに連れて行ったんです。それを曾我さんは体験してるから、知ってるんです。請負業者というなら北朝鮮の地下組織じゃないですか。それも出すのも彼らの責任です。嘘をついてるんです。

また久米裕さんについて言えば、もうご承知の通り、犯人が現場で捕まってるんです。犯人が現場で捕まってる事件について、未入国だとか何とかって言ってる、これも全くの嘘です。つまり北朝鮮の言ってる13人しかいないと言うのは、もうそこの二人からして、日本国の政府が法律で作って小泉総理大臣の名前で認めているのは15人なんですから。日本国は威信をかけて、北朝鮮にあと二人嘘をついてるじゃないか!と何故言わないのか?というふうに強く思います。

そしてそれ以外に、まだまだたくさんの拉致被害者がいるんです。私たち救う会は、それ以外に8人を認定していますけれども、その中には家族会に入っていらっしゃる、寺越昭二さん・外雄さん・武志さん3人も含まれるわけです。ここにその家族が来てらっしゃいます。(壇上でご家族が立ち上がる)

私も現場に行って見ましたけれどもですね、すぐ見えるんですよ。寺越さんたちのご家族のお父さんたちが操業していた所がです。網が掛かってるんですけども海岸から数百メートルの所です。そこで小さな船で操業していたらば、遭難して助けられて北朝鮮にいた、と言うんです。そして北朝鮮の方が日本より良い国だから、24年間日本にも連絡をしなかった。これが嘘でなくて、誰が嘘をつくんですか! 13人だけと言うのは本当に嘘なんです。

そしてそれ以外にもここに安明進さん、北朝鮮の元工作員です。命がけで証言をして下さっていますけれども、安明進さんが工作員養成学校で、田中実さんと加藤久美子さんとそして古川了子さんを見たと、それから藤田さんのお兄さんもあの2枚目の写真とそっくりな人を見たと。安さんの記憶力と言うのは大変正確です。つまり13人だけなんてのは本当に嘘なんです。
後の問題については荒木さんの報告に譲りますけれども、絶対にこんな嘘に負けちゃならない。

そしてもう一つ、8人は死んだと言う嘘があるわけです。確かに北朝鮮と言う国は何をするか分からない国だと、死んだ人は生き返らないんだと、東アジアの平和と安定のためには国交正常化交渉が必要だと。2年前の夜ですね、ご家族の方と一緒にホテルに帰ってテレビをつけたり、次の日の朝刊の新聞を見ていたらば、そういう論調が多かったです。しかしその後分かったんですが、8人死亡と北朝鮮は言ってますが、死亡を証明する客観的な情報は一切出してないんです。

何か事件や事故など起きまして、そして例えば9.11のテロとかですね、遺体が出て来なかったりするとそういう場合に家族は諦めきれないと。しかし状況から見たら皆死んでるんだといって、社会は進んでいくわけです。そういう類の死亡情報では全く無いと言う事です。家族の人が諦め切れないんではなくて、日本政府も死亡と認めていないんです。

北朝鮮は死亡を証明する資料と称して、3つの物を出して来た。その詳しい事についてはこのチラシの裏を見ていただくと分かるんですが、3つの物を出して来た。第一はですね、死亡確認書と称する書類です。それも最初は出さなかったんですけども、外務省の斎木さんが机を叩いて、北朝鮮でですね、こんな事で帰れるかと言ったらば、3時間後に出て来た。

その8枚の書類のコピーです、死亡確認書と称する。ところがそのうち7枚は同じ病院から発行されていた。ここの一番下にですね、田口八重子さんの死亡確認書のコピーの写真を付けておきましたけれども、695号病院という病院が発行されている死亡確認書が7枚、あ8枚出てきたわけなんです。その8枚のうち7枚が695号病院だと。

安さんに聞きました。695号病院はどんな病院なのか?と。実は工作員養成学校である、金正日政治軍事大学の隠し番号が695なんです。そして実際695号病院と言うのは、学校の中にあるんです。安さんもそこで治療を受けた事がある。3時間で作ってきた。

拉致被害者の情報は工作員学校にしかないわけです。そしてそれをこうやってですね(紙を重ねて透かす仕草)、あの、何枚か透かして見ますとその内3枚は、695号病院てのはゴム印ですけれども、ゴム印って手で押しますよね?印刷じゃないんです。それが手で押している695と言う数字が、ピッタリと3枚合うんです。原さんと松木さんと石岡さんの3枚が、ピッタリ全く合うんです。

つまり、急いで死亡確認書を偽造したんだけれども、書類が白いやつが5枚しかなかったと。ポンポンポンポンと5枚押しちゃったと。新しいのが無くて、7枚作らなくちゃいけないのにもう押しちゃったから、押したのをコピーとって後2枚作ったんです。

しかしその7人の人達は何時死んだのかと北朝鮮が言ってるのかと言いいますと、1979年の市川さんから96年の松木さんまで、約17年間に亘って4つの全然別の道、北朝鮮は都道府県の事を道って言うんですけども、4つの地域で17年間に亘って死んだ人の確認書が同じ病院でポンポンポンと作られた。こんなもので死亡を我々は信じる事が出来るのか?と言う事です。

そしてまたその死亡確認書の生年月日を見てみますと、市川さんと有本さんの生年月日が間違っている。もう滅茶苦茶なんです。また増元さんの結婚申告書というのが出て来たんですけれども、それには本人のサインがあるんですけれども、本人のサインがある結婚申告書の生年月日が間違っていたと。こんなもので死んだなんて絶対我々は信じる事できない。

めぐみさんの物はですね、実はめぐみさんだけは精神病院で自殺したと言ってますから、別の病院から出てきた。しかしめぐみさんについては、彼らが死亡の証拠として別の物を出して来たんです。ここに付けてる赤い表紙です。(チラシの写真を指し示す)ここに患者入退院台帳、あ、ごめんなさい、患者死亡台帳です。北朝鮮では患者死亡台帳と言うんです。この死亡台帳にめぐみさんの名前が載っているから死亡してるんだ、言って写真を撮らせたわけなんです。だから、死んだんだと言う証明なんです。

しかしよく見てください。
字があって、朝鮮語が読めない方は分かり辛いかもしれませんけれど、1字2字あってその後3、4、5字目。何か青いサインペンか万年筆のようなもので、消してあるんですね。次に2字、上に書いてある。私、朝鮮語読めますから。患者入退院台帳と書いてあるんです。入退院の2字を消して死亡と書いてある。こんな分かりやすい偽造をするんですね。紙ぐらい貼ってやれよ、と言いたくなりますね。

そしてもう一つ、この右側の写真はですね、これはめぐみさんの名前があるというページなんです。通し番号が付いてた。
めぐみさんの通し番号は3239なんですが、そのひとつ下の段の人も3239なんです。それ以外の人は、ちゃんと通し番号がひとつづつ増えていくんです。なんか、切って貼って作ったとしか思えない。つまり一般の精神病院に、めぐみさんが死亡したという事の死亡台帳を作れ、と命令が行ったわけです。

しかし、特殊機関じゃないですから、その人が拉致されたとは言えないわけです。ただ、どういうものか分からないんで、ただ作った。社会主義というのはノルマ主義ですから、とにかく死亡台帳を作ればいいんだな、と。紙が無い、本が無いんです。
しょうが無いからあった入院台帳を整理して作って、一行線を入れて、こうやって欄を増やしたんです。こんな物で死んだと信じる事が、(机を叩いて)誰が出来るのかと言う事です。

そしてもうひとつ、北朝鮮が出して来た死亡の証拠と証するものは、実は遺骨です。松木薫さんの遺骨と称する骨が出てきた。しかし、丁寧な事に2度火葬してあった。それも2度目の火葬は、2年前の小泉総理の訪朝が発表になった日に、火葬したんです。慌てたんじゃないでしょうか。つまりDMA鑑定出来ないように火葬したわけです。北朝鮮は土葬の国です。火葬しないんですよ。それなのに、日本に出すために火葬したと言って出して来た。

しかし、日本を舐めたんですね。先ほども、藤田さんの写真の鑑定で橋本教授の名前が出ましたけれども、橋本先生はそういう分野の最高権威であって、北朝鮮に調査団と一緒に行って下さって、北朝鮮が出して来た、松木さんの遺骨だと証する物の一部分を持ち帰って、そして鑑定したんです。あごの部分を持ってきたんです。あごの部分は歯が分かるわけですね。
歯の歯根の長さなどは遺伝的な要素が多いし、男女や年齢が良く分かるわけです。

日本の最高権威の鑑定によると、松木さんの遺骨と称するものは、40代の男性でなくちゃいけないわけですよ、死んだとき、北の発表どおりであればですね。しかし、60代の女性だった。そのつまり、多分ですね、彼らは流された流されたと言ってるですけど、一体出してみてですね。日本がこれで納得したら、次から次へ出たかも知れない。火葬したと証するニセモノが。
DNA鑑定出来なかったわけですけれども、日本を舐めてもらったら困ると。

こんな物でですね、我々は絶対納得できない。これは、家族が納得できないんじゃないんです。3つだけなんですよ、北朝鮮が出して来た、客観的に死亡の証拠と証する物は。これ以外無いんですよ。ぜひ、それを皆さん覚えていただきたい。

家族が何か駄々をこねているとか、そんなことじゃないんです。日本国が舐められているんです。拉致を認めておいて、認めた側が被害者について正確な情報を出すなんて言うのは、ABCのAでしょう?それをしないで謝罪したとか言う謝罪なんか、絶対受け入れられないわけです。

じゃあ、なぜ彼らがこんな見え透いた嘘をつくのか?と、言う事であります。表紙の方に戻って頂くとですね、この事も書いておいたんですが。なぜ、金正日は2年前に13人しか拉致してない、そして8人は死んだという嘘をついたのか?と言う事ですけども。2年前にブッシュ大統領が、北朝鮮の秘密核開発についての証拠を握って、悪の枢軸だと強く圧力をかけたんです。

そして小泉総理も当時は、拉致問題が進展しないうちはコメ支援もしない。交渉にも入らない。強く言ってたんです。
国会でも議連が出来て、そして衆参両院で決議案、通ったんです。社民党も共産党も賛成した決議案が、通ったんです。

圧力がかかったらば、北が慌てたんです。日本とアメリカの連体が怖いから、日本をアメリカから引き離そうと思って、核問題と拉致問題を引き離そうと思って、拉致だけで日本を引きずり出そうとしたんです。しかし、とにかく圧力がかかって嘘が覆ったんです。2000年に60万トンのコメを出したときは、でっち上げだとひと言で嘘は覆らなかった。しかし一昨年はコメを出さなくて、ブッシュ大統領が悪だ言って圧力をかけたら、でっち上げだという嘘が覆ったんです。

しかし彼らは考えた。拉致は認めるけれども、金正日の責任は認められない。独裁国家ですから。拉致を命令したのは金正日なんですが、その責任は認められない。責任逃れをするためにこの嘘を作ったわけです。

一番分かりやすいのは田口さんのケースです。ここに先ほど耕一郎さんが来てますけども、当時田口八重子さんが失踪したときですね。耕一郎さんは1歳だったんです。1歳の乳飲み子をベビーホテルに預けて失踪したんですが、北朝鮮は田口さん拉致についてどう言ってるかと。宮崎の海岸で田口さんが一人歩いてて、不法に日本に侵入した工作員とバッタリ会った。
田口さんは「3日くらいなら北朝鮮に観光旅行に行きたいわ」と言って、ゴムボートに乗って工作船に乗って北朝鮮に行っちゃったと。これが北朝鮮が日本政府に対して示してる、公式の国家対国家で公式に伝達された情報なんです。情報と言う名前にも値しないような、滅茶苦茶な話です。

八重子さんは北朝鮮に行ってですね。いつも耕一郎さんたちの事を、お姉さんひとりがいるんですけども、歳を数えて今何歳になっているだろうかと。ずうっと思っていたわけですよ。それをですね、1歳の子供を預けながらお母さんが、観光旅行で北朝鮮に行ったなんて言ってると。これは日本に対する冒涜であると同時に、耕一郎さんと八重子さんの親子関係に対する冒涜ですよね?聞いた事全て嘘だと思うんですよね。こんな嘘、絶対許しちゃならない!

なぜこんな嘘をつくのか?実は仕掛けがあって、田口さんは大韓機爆破事件と言うテロ事件の、テロリスト金賢姫と20ヶ月一緒に暮らして、そこで日本人化教育をしたわけです。そして金賢姫は生き残って、自殺したんですけど生き残ってですね、自白したんです。私は日本から拉致された女性と20ヶ月一緒に暮らして、日本人化教育を受けたと。そして大韓機爆破事件は、金正日の直筆の指令書があった。金正日の直筆の指令書があったというふうに、金賢姫は自白したわけです。

つまり、1987年の時点で金正日氏は、1980年から日本人化教育をさせていた工作員を呼んで、お前は蜂谷真由美という日本人に化けて、ここで我々が偽造した日本のパスポートがあるからこれを持って、115人を殺して来いと命令が出来たわけです。命令したんです。その人が拉致を知らなかったなんてはずは無いんです。

拉致を命令したのも金正日で、拉致した人間を使って工作員の日本人化教育をさせたのも金正日で、その工作員を使って日本人に化けてテロをやったのも、その責任者は金正日なんです。しかし、田口さんが生きて帰ってきて金賢姫と会って、あの時はああだったわよねと言って抱き合ってしまったらば、金賢姫の言ってる事は全部正しい。責任者は金正日だと言う事が分かってしまう。だから出す事ができないんです。

あるいは、ここにいる安明進さんが、9月17日の以前に見たとハッキリ言ってた市川さん、めぐみちゃん、これも出す事が出来ないんです。出て来て「安さんあの時はタバコを貰ってありがとう」とか言ったらですね、安さんの言ってる事は全部正しいと言う事になってしまう。北朝鮮が安さんの事を何と言ってるか?強姦強盗殺人犯だと言ってる。というふうに言ってるんですよね。安さんを嘘つきにしとかなくちゃいけないわけです。だから、認める事が出来ないんです。

そして、ヨーロッパルートの有本さんたちは、実はこれは有本さんを拉致した八尾恵さんから私直接聞きましたが、彼らは金正日から直接「日本革命テーゼ」という秘密指令を貰ったと。日本で、金正日の指導する革命を起こす。そのために、八尾さんはなぜ日本にいるのか?彼女は横須賀で一度逮捕さてるんです。自衛隊の防衛大学の前でスナックをやってて、自衛隊員に浸透して自衛隊員の中に北朝鮮のスパイを作れという命令を受けて、北朝鮮の。有本さん拉致をやった後、今度は日本に入ってきてたんです。

日本の警察を舐めてもらっちゃ困る。すぐ捕まえたんです。だから、事なきを得ましたけどれも、そのようなまだ明らかに出来ない秘密を、よど号グループは持ってるんです。それが明らかになる事を恐れて死んだと言ってるんです。全て金正日の責任逃れの為であると。

我々はその独裁国家・金正日、その人と今戦ってるわけです。彼らに嘘を覆させるためには、圧力しかない、制裁しかない。
経済制裁実施という武器を持って、ぜひ日本国の外務省が、そして国会議員の方々が力強く交渉して欲しいと。いうふうに思っております。

めぐみさんたちは生きている!
未帰還者全員救出のために、今こそ経済制裁を!
皆さんと一緒に戦って行きたいと思います。
ありがとうございます。
◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(13) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(12):

« 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(13) | トップページ | 経済制裁発動を要求する緊急国民集会(11) »