« 文革の犠牲者 | トップページ | 横田早紀江さんのお話 »

2005年4月10日 (日)

~蒼明~

~~蒼明~~  作詞:高野美幸   作曲:きなさか ゆうま

触れることも叶わない セピア色の過去なのに
見送ったキミの背中 何も変わらず

記憶の片隅に隠す この手つないだ温もり
見つけ出すよ君の全て 胸ふるわせる真実

Ah 北西の地にはまた 君の命輝き 
日よ照らして 月の鏡に 流れ星願かけて

涙でできた海の蒼い海流 赤い太陽 黄に夜明け染めて

流されないで 戦い方も知らない 小さなISLANDS

もうこれ以上 待てない その愛を 取り戻す今

白く霞む水平線 一人細波に歌う
無機質なビルの壁に 浮かぶせつなさ

あの日海に沈められて 眠る本当の自分
もう一度見つけ出せたなら 抱きしめられる真実

Ah 蒼い絆は切れず 強く結ばれている
風にのせて 空よ映して 海よ伝えて欲しい

涙でできた海の蒼い海流 心にともる火で 橋を架けて

蒼い炎が 深く暗闇を照らす 凍るPARADISE

自由の羽広げる その夢が 蘇るように

~~~ご本人の了解を得て掲載します~~~~~
特定失踪者高野清文さんのご家族の作品です。
◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


|

« 文革の犠牲者 | トップページ | 横田早紀江さんのお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091202

この記事へのトラックバック一覧です: ~蒼明~:

« 文革の犠牲者 | トップページ | 横田早紀江さんのお話 »