« 4.24日比谷集会(5)漆原良夫氏 | トップページ | 4.24日比谷集会(3)安倍晋三さん »

2005年4月24日 (日)

4.24日比谷集会(4)鳩山由紀夫氏

鳩山由紀夫 民主党拉致対策本部長の挨拶

(拍手 「しっかりしろ!」などの野次の声)
お集まりの全ての皆さん、本当にありがとうございます。
ありがとうございます。(拍手)
民主党を代表いたしまして、今日お集まりの国民大集会にわざわざ全国からお運び下さいました全ての皆様の、今日までの大変なご努力に心から感謝を申し上げながら。
政治家の一人として必ずしも、今司会者の方からお話がありましたように。(笑い声 櫻井さん司会席で手を合わせる仕草)

私ども政府も含めてであります。
政府も政治家も十分皆様のご期待に応えられていない状況に対して、極めて残念に思いますし申し訳ないことだと思っています。(このあたり次々上がる野次の声)
この場に来さしていただいて皆さんと共に、大変難しいこの問題に対して、我々も全力でお誓い申し上げる次第でございます。(拍手 )

私は第一回目の小泉訪朝の時に代表でありました関係で、小泉総理に申し上げた。
行くことは歓迎をする。
しかし交渉は難しい。
答えが出なかった時にも勇気を持って帰って来れるだけの心構えをもって行って訪朝してもらいたい。
そう申し上げた。

ご案内の通り、その5人のご家族、ご家族を含めて日本へ帰国がなされたことを、大変に皆様方ともども大変喜ばしいことだと思っています。(「当たり前!当たり前!」の声)
ただし。
ただし問題は全て解決するどころではなく、これからがより大きな問題を抱えているということを私たちは認識しなければならない。(「そんなことは分かってる!」「早くして!」の声)
小泉首相はただひたすら、日朝国交正常化は自分の手でやり遂げたい。
その思いの下でひたすら拉致問題を極力小さな問題として、これを小さく小さく捉えて解決をすれば良しと考えているんじゃありませんか?(拍手 野次の声)

私は今ここで、なぜ日朝国交正常かなのか?と申し上げたい。(大きな拍手 「そうだ!」の声)
冗談じゃない。(大きな拍手)
横田めぐみさんをはじめとして、消息が分からない方々の安否の確認。
当然のことであります。(「そうだ!」の声)
しかしそれを持ってお終いとするのでは断じてありません。(拍手 「その通り!」などの声)
特定失踪者という方々、100名を越すとも言われておられます。
その方々の問題を解決する。
すなわち安否を確認をして、そしてその方々に無事に日本へ帰って来て頂く。
それで初めて拉致問題の解決じゃありませんか?皆さん。(大きな拍手 「その通り!」の声)

先ほど平沼会長から大小2本の刀の話がありました。
私たち民主党としてはもう1本の脇差が必要だと考えているんです。
それは「北朝鮮人権侵害救済法案」と申します。(拍手)
力貸してください、皆さん。(拍手)
この法案では例えば特定失踪者の問題。
これを調査し解明をするように日本政府に求める内容になっており、そのために政府の中に内閣府に、拉致問題対策本部をというものを設置することを求めています。(拍手)

まだこれが出来ていないんです、皆さん。(「早くしないと!」の声)
この問題、別に民主党がやったなんて自慢するつもりはありません。
国民の皆さんのために今ここにお集まりの人権問題を本当に命の問題として捉えて来られた、活動して来られた人たちの為にこの問題を解決したい。
そのために超党派でのご協力を心からお願いを申し上げる所でございます。(大きな拍手 「いいぞ!」の声)

経済制裁に関して申し上げれば、一部の方々の中に一国だけでこのような経済制裁をやっても効果が上がらないなどと言っておられる人たちがいます。(「北朝鮮の回し者だ!」の声)
冗談じゃありません。(「回し者!回し者じゃないか!」の声)
もし一国で効果が無い。
試しもしないで仰るならその前に、なぜ経済制裁への協力をもっと真剣に他国に呼びかけないんですか?(大きな拍手 「そうだ!」の声)

それも行わずして一国だけでは効果が無いと言ってるのは、まさにそのようなことを最初からやる気が毛頭ないのと同じじゃありませんか?(拍手 「そうだ!」の声)
私たちはむしろ日本一国だけでもこの経済制裁、もう発動するべきだと考えています。(大きな拍手 「そうだ!」の声)
先ほどから安倍幹事長代理も話がありました。
日本としての意思を示すことを、当然のこういった問題に対して人権の立場から正当な主張をする。
その主張が国民を動かし、全世界に広がるんじゃありませんか?皆さん。(拍手 「その通り!」 「そうだ!」の声)

私はその意味でかつて私の祖父・鳩山一郎が総理の時に
領土は待っていてくれるけども、人の命は待ったなしだと。
明日をも知れないのだと。(拍手)
だから領土と人の命の問題を比べた時に、まずは人の命から先にやるべきではないか。
まさに拉致の問題がそうではありませんか?皆さん。(拍手 「そうだ!」の声)

政府がその方向に歩みを強めた時。
あるいは歩みを強めていけるように民主党としても努力をし、野党ではありますが・・・現在の所です。(笑い声)
野党ではありますが、超党派として最善の努力をお約束を申し上げて決意の表明といたします。
ご苦労様でございます。(大きな拍手 「頑張れ!」などの声)

※司会 櫻井よしこ氏
鳩山さんありがとうございました。
会場の皆様にもう一度確認したいと思います。
民主党の議員の方々地味ながら本当に良くやってくださいました。(笑い声 拍手)
ありがとうございました。

さて次に与党の公明党から漆原さんをお迎えしたいと思います。
対策委員長をしていらっしゃいます。
漆原良夫先生です。
よろしくお願いします。(拍手)


―――――――――――――――――――
◆この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


|

« 4.24日比谷集会(5)漆原良夫氏 | トップページ | 4.24日比谷集会(3)安倍晋三さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091252

この記事へのトラックバック一覧です: 4.24日比谷集会(4)鳩山由紀夫氏:

« 4.24日比谷集会(5)漆原良夫氏 | トップページ | 4.24日比谷集会(3)安倍晋三さん »