« 特定失踪者 | トップページ | エレニの旅 »

2005年5月31日 (火)

奪還

私達の目的は被害者の奪還です。
「一秒一秒が大切なんです。」というご家族のことばを受け止めてどのように行動するのか。

座り込みについてはまだ結論は出ていませんし、もし方針が確定しても、当日の情勢、要人の来日、核問題の推移、北朝鮮の出方などによっては、計画はしても出来ない可能性もあります。私達はそのことを、頭に入れておく必要があります。尚目途とされる6月24日は東京は都議選の告示日、政党所属の区議は全員、それぞれの担当都議の選挙初日に貼り付けになります。石原氏もひっぱりだこ、初日は国会議員も応援演説の駆けつけるでしょう。

 ~戦略を持ち、危険のないよう、熟慮と徹底した準備を、
何よりもご家族の健康に配慮して
それが出来ないのなら、見送るのも勇気~


と言うのが私の意見です。
4.24の集会を前に<座り込みも辞さず>という発言があったため、私達はその方向に流されてきたのではないでしょうか?私には4.24の告知をする時に、<座り込みなどさせてはいけない>だからこそ、4.24を盛り上げなくてはとの想いがありました。6000人は集まりました。でも政府は動きません。

ここで業を煮やして座り込みに転じたときの世論はどう動くでしょうか?私達はもちろん付いていきます。支援もします。しかし未だ60%の人が小泉続投を望んでいる状況で、支援の輪の外側にいる人たちがどう思うかを心配します。

理解している人はまだまだ少ないのです。支援の輪の外側の人々を街頭で感じます。「関わりたくない」とうつむいて通り過ぎる人、目を合わせて頷くけれども署名は躊躇する人、奇異な目で見る人、私達の少し外側にいる人たちがどう捉えるかです。

関心はあるけど、まだ積極的に署名の出来ない人たちは、座り込みという行為を、<欲しいものを買って貰おうとだだをこねる子供>のように捉えないでしょうか?

もちろん私達は、そう思いません。何故そんな批判が有るのか不思議に思うでしょう。それが昨年の5.22なのです。日本人の持っている不思議なバランス感覚を思い知らされました。

奪還は、国民運動でなくてはいけないのです。一部の支援者だけでは取り戻せないことは、9.17以降一人の被害者も帰ってこないことが証明しています。

私達は仲間を増やさなければならない。にもかかわらず、過激なグループとしてレッテルを貼られることで後一歩で仲間に入ってくれそうな人まで失うことにならないのかという疑問があります。

実際に座り込みを考えているとの発言を聞いた時に、最初に連想したのは救急車です。
ご家族は本当に疲れています。若い増元さんでさえ、眠れないという言葉を聞きました。ご家族がバンケイを見れば更に怒りがわきます。「座り込みをしよう」という気持になるのは、理解できますし、私の理解以上にご家族は焦燥感を募らせているのだと思います。

無責任に煽ることは控えて欲しいと思います。それは家族を更に酷使し、彼らの命を削ることです。

それよりも、しっかりとした戦略を持って取り組んで貰えるように、救う会、家族会を応援し、具体的に<奪還>につなげる行動になるには、どのように支えればいいかを考えたいものです。

いざ座り込みになった時に、世論に理解を求めることも、隣の人に説明をしてあげることも大切ですね。
最終目的は<奪還>、いたずらに煽るのではなく、早紀江さんの胸にめぐみちゃんが飛び込むその時まで、すべての被害者が帰国できるまで、家族を支えるため、心を繋いでいくのが、私たちの目的です。

|

« 特定失踪者 | トップページ | エレニの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091307

この記事へのトラックバック一覧です: 奪還:

» 民主党は我々の税金を返せ  [log]
 民主党の愚劣さには、つくづく呆れ返っている。国会審議拒否などという馬鹿な真似をしたおかげで、23日に予定されていた「参議院・拉致問題特別委員会」での、横田夫妻と荒木和博・特定失踪者問題調査会代表による参考人招致が「中止」になってしまった。「延期」じゃなく. [続きを読む]

受信: 2005年6月 1日 (水) 08時55分

» 視野を狭めてはいけない [話の花束]
なんだか当Blogは、「座り込み懸念キャンペーン」の根城となってしまったかのような感じがしないでもないですが。(笑) でもこの一件に関して、私は山ほど言いたいことがあるので、遠慮なしに言わせて貰います。 私がこのような弱小Blogで一人吠えたところで、座り込み実施の. [続きを読む]

受信: 2005年6月 1日 (水) 18時13分

» 中学生の今後に期待 [Adazakura\'s Weblog]
Blue jewelの管理者金木犀さんのコメントで知った嬉しい話。 岐阜市の中学生が修学旅行で行った東京渋谷の街角で、拉致事件解決に協力を呼びかける署名運動に偶然遭遇し、署名をしてくれたとのことでした... [続きを読む]

受信: 2005年6月 3日 (金) 01時02分

» 苦言を呈するということ [人生とんぼ返り]
ここんとこ某所と某所にて騒ぎに巻き込まれ、くたくたになっております。 「話が通じない」ということへの虚しさ。 こっちが精一杯理解してもらおうと思って、 相手を傷つけてでも仕方ないと思い、非常手段も取りまくりましたが 結局その人に何も理解されることはありま [続きを読む]

受信: 2005年6月 5日 (日) 23時15分

« 特定失踪者 | トップページ | エレニの旅 »