« ババ抜きと化した六カ国協議 | トップページ | 金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」 »

2005年7月31日 (日)

願いの短冊~上野~

何時も上野の署名活動を見守ってくださっている色紙作家の方から、福島七夕への短冊を頂きました。
  ○七夕や、
     一年一でも
        逢うせたし

      ○叶ふなら
         億万書くぞ
              七夕や
    

この二つの短冊は二つで一つの願いを表したものだそうです。
一の句では、私達の願いを、万感を込めて、<一>という毛筆の字が表してくれています。
そして二の句では<億万書くぞ>という言葉にご家族と同じ決意を感じさせます。


私達も億万の心を短冊に込めて、笹竹に飾ろうではありませんか?

|

« ババ抜きと化した六カ国協議 | トップページ | 金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091427

この記事へのトラックバック一覧です: 願いの短冊~上野~:

« ババ抜きと化した六カ国協議 | トップページ | 金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」 »