« 願いの短冊~上野~ | トップページ | 北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟 第2回総会「共同宣言」 »

2005年8月 1日 (月)

金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」

RONALD W.REAGAN さん蒼き星々掲示板8月 1日(月)の投稿

金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」、
いずれにしても「殺される運命」にあることを思い知れ!



 金正日総書記は、本気になって「米朝国交正常化」や「日朝国交正常化」を考えているのであろうか。どうも疑わしい。
 というのは、「国交正常化」すれば、少なくともアメリカとの人事交流が活発化することになる。いろいろな儀式にも、金総書記は、姿を現さないわけにきいかないだろう。金総書記は、「安全の保証」を強く求め、アメリカが総攻撃して、体制を崩壊させるようなことを絶対にしないという約束を取りつけようとしている。

 だが、仮に約束を取りつけることができたにしても、「国交正常化」の後、アメリカのCIAなどの諜報機関が、金総書記の命を狙わないという保証はない。むしろ、「危険は高まる」と見なくてはならない。ここで思い出さなくはならないのは、韓国の朴正煕大統領が昭和五十四年十月二十六日に暗殺された事件である。朴大統領を暗殺した犯人は、金載圭・中央情報部長官(KCIA長官)だった。アメリカのCIAが、金載圭に「お前を大統領に据えよう」と耳元で囁いたという。この金載圭はその直後に軍の実権を掌握した全斗煥によって処刑される。

 朴大統領が暗殺されたのは、「独自で核開発」をしようとしたからと言われている。日本の田中角栄元首相がロッキード疑獄事件をアメリカに仕掛けられたのは、「原子力発電開発に必要な燃料となるウランをオーストラリアやカナダから独自で輸入しようとしたからだ」と言われている。アメリカ政府やメジャーの逆鱗に触れたのである。「勝手なことをするな」とばかり、田中角栄元首相も朴大統領も、抹殺されたと見られるのだ。

 金正日総書記も、いずれは、アメリカCIAの手によって、必ず暗殺、抹殺されるだろう。
 金書記が、アメリカと国交正常化しようとするなら、北朝鮮は、核放棄とともに、「地下要塞」をすべてオープンにしなければならなくなる。「秘密」を持ってままで、アメリカや日本と国交を結べると思ってら、虫がよすぎる。
 金正日総書記は、いま、進むも地獄、退くも地獄の苦しみを味わっているに違いない。進めは、「暗殺」の危険が高まり、退いて地下要塞に潜り込めば、総攻撃される。さあ、どちらの道を選ぶか?

____________

◆この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


|

« 願いの短冊~上野~ | トップページ | 北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟 第2回総会「共同宣言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091428

この記事へのトラックバック一覧です: 金正日容疑者は、進むも退くも「地獄」:

« 願いの短冊~上野~ | トップページ | 北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟 第2回総会「共同宣言」 »