« 9.17記者会見 | トップページ | 失踪直前“最後の一枚” »

2005年9月 2日 (金)

一本のラケット

一本のラケット
ドキュメンタリー漫画:めぐみ(後編)より
取材・文 小山 惟史

午後6時25分頃。めぐみはバトミントンの練習を終えて、寄居中学の正門をでた。部活の仲間と3人で。1977年11月15日、火曜日。いつものようにラケットを入れた赤いスポーツバックと学生カバンを手に。

帰宅の道は、日本海へと向かう直線の道路だ。途中で一人が右に折れた。次の交差点で、2人めがバイバイと言って左に曲がる。6時35分頃だった。家までは、あと3~4分。

だが、めぐみは遂に帰ってはこなかった。

中学になっためぐみは、クラブ活動として選んだバトミントン部で一生懸命、練習に取り組んでいた。当時、寄居中学は強豪として知られていた。失踪2日前の11月13日、めぐみは新潟市内の中学校新人戦に出場。ダブルスで5位に終わったが、市の強化選手に選ばれた。

身長はクラスで高い方から3番目。153センチの母・早紀江を既に1センチ上回っていた。その体格が見込まれたのか、思いがけず強化選手に選ばれて、めぐみはそのことを少し重荷に感じていた。勉強の成績は上位だったが、部活に時間を割く中で、二学期の中間テストは順位をやや下げていた。

行方不明となったとき、早紀江の頭に真っ先に浮かんだのは、ここ2~3日の、めぐみのそんな“迷い”だった。家出か?それとも思い詰めた果てに・・・。北朝鮮による拉致だなんて、想像もつかない時代だ。

前ページの写真(下部に表示)は、失踪後に顧問の先生がくれたもの。滋も早紀江も初めて見る写真だった。ピンクのラケットを手にしためぐみ(後列右から4番目)は、体をやや横に向けている。

その姿を目にしたとき、早紀江はとっさに思った。「ああ、めぐみちゃんは、私の言葉を覚えていたんだ」と。成長期で少し太り始めたことを気にしていためぐみに、早紀江はこうおしえたことがあったからだ。「写真を撮るときにはね、ちょっと体を斜めにするといいのよ。そうすれば少しスマートにみえるでしょ」今はいない娘とのやりとりが、まざまざと甦ってきた。

めぐみが中学を卒業するはずの時期、早紀江は一人でよく浜辺に立った。波間に浮かぶ遠いブイ。その赤い色を、いつまでも見つめ続けた日もある。あの日、めぐみが持って登校した、赤いスポーツバックに思えてしかたなかったからだ。

やがて寄居中学に入学した弟の拓也は、姉と同じバトミントン部を選び、それを大学まで続けた。

その頃、北朝鮮では楽器を習うように言われためぐみが、バイオリンを選んでいた。蓮池夫妻の証言によれば、その理由をめぐみは、こうかたったという。
「弟(小学生の拓也)が習っていたから」と。

---そして、あの、2002年9月7日。日本中に衝撃を与えた、小泉初訪朝の当日。

一本のラケットが、25年の時を隔て、海を越え、突然現れた。平壌のホテル。梅本和義公使と面会したキム・ヘギョンさんが持参したのだ。「母の思い出の品」として。

我々は、必ず取り戻さなければならない。そのラケットの真の持ち主を。海のこちら側に。




____________

◆この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 9.17記者会見 | トップページ | 失踪直前“最後の一枚” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091465

この記事へのトラックバック一覧です: 一本のラケット:

» 拉致被害者を忘れないで (1) [話の花束]
今日からしばらくの間、当Blogでは私が起したテキストの中から拉致被害者家族の声をご紹介していこうと思います。 衆議移???┐気譴泙靴燭?∀静世詫浩?个?蝓+拉致問題は完全に蚊帳の外に置かれた状態です。 そこで今一度家族の声を振り返ってもらう事で、少しでも拉致.. [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 02時16分

« 9.17記者会見 | トップページ | 失踪直前“最後の一枚” »