« 第12回藤沢集会(5) | トップページ | 第12回藤沢集会(3) »

2005年10月 8日 (土)

第12回藤沢集会(4)

第12回藤沢集会4

『岡田和典 特定失踪者問題調査会理事のお話2』

その後、全国各地でですね。
取り沙汰されている拉致被害者以外に、ひょっとすれば私の子供も拉致されたのではないか?
私のきょうだいも拉致されたのではないか?と、言うような声が全国から沸き上がりました。
そして全国各地の警察にですね、再捜査の依頼等がございました。

この折にですね。
田中実さんについては、こんなものは拉致は間違いないわけですから。
同じような手法じゃどうも気に入らんと。
代表の長瀬とですね。
まぁちょっと変わった二人でもございますからね。
何か有効な手立ては無いものか?ということで、それであればいっそのこと、実行犯と目される者が分かってるのだから、この人間を特定してですね。
刑事告発をしてみようでないか?と、いうようなことで、私と長瀬の二人で告発人といたしましてですね。
刑事告発に及んだわけです。

そのあと、まぁそれは正直ですね。
これほどマスコミにとればですね。
面白いといっては語弊がありますが、良い材料がきっと無かったんだと思います。
何かと申しますと、他の拉致被害者、これをちょっと考えていただければ良いと思うんですが、もちろん北朝鮮の金正日、とんでもない男ですよ?
とんでもない国家です。
でもそれと同時に、この田中実さんに付きましてはですね。
日本での間違いの無い、実名の挙がった特定した実行犯・協力者がいるわけです。

一人は誰か?
先ほど申し上げました、このラーメン店の店主です。
韓竜大と申します。
この韓竜大、このラーメン店は神戸の青木駅ですね。
ここで営業しておりましたが、そのうち嫁はん子供と喧嘩になりまして、子供4人まで作っておきながら離婚をいたしまして、きょうだいが住んでいる青森県は八戸の方に参りました。
八戸でも同じようにラーメン店を経営いたしまして、まぁデタラメなラーメン店やったみたいですね。
すぐにまた倒産をいたしました。

この八戸の韓竜大はどういうわけか愛人を作ってですね。
朝から晩まで、我々が告発した折ですね。
パチンコ三昧の毎日を送っていたわけなんです。
これはマスコミにとって面白いわけですな。
追い掛け回すわけですね、この韓竜大を。

今一人は曹廷楽と言う男でして、これは現在も山形市、ここでパチンコ店を経営しております。
のうのうと経営しております。
これも追い掛け回すわけです。
後で色々と話を聞きましたけども、田中実さんの拉致のテレビ番組。
情報番組、ワイドショーを流しますとですね。
数字が二つか三つ上がるそうですね。
ワイドショーの中にはですね、過去の視聴率の最高記録だという報告もいくつか受けました。

やはり国民にとったらですね、日本の中でのうのうと拉致の協力、あるいは実行した人がですね。
今も変わらずのうのうと、しかも不思議な事に八戸であれ山形であれですね。
この二人ものの見事に同じくらいの年代の、若いとは言い切れませんけどもね。
愛人を携えて毎日うろうろしているわけですなぁ。
許せないわけですね。
こういう人間がのうのうと今この国で暮らしていると言う事。

そしてまた不思議なことにですね。
当時は拉致認定も何もされて無いんですよ?まだ田中実さん。
にも拘らずですね。
この山形(八戸の言い間違いか?)の韓竜大はですね。
田中実さんは北朝鮮におるということを認めるわけです。
そしてですね。
じゃあ誰がやったんか?と言えばこのパチンコ屋のおっさんの曹廷楽がやったと言う事を一生懸命言う訳です。

山形のパチンコ屋のおっちゃんのところに行きますとね、曹廷楽のところに。
今度はですね。
北朝鮮におるところは認めるんですけども、あれをやったのはラーメン屋の親父である韓竜大とですね。
この暴露本を書いた張龍雲だという事を一生懸命言うわけですね。
お互いに北朝鮮に拉致された、北朝鮮にいることは二人とも認めるわけです。
にも拘らずですね、自分は関与していない。
同じ洛東江と言うグループのもう一人の方がやってるんだと。
まぁこういう話に終始するわけですね。

このような中でですね。
時間が経緯いたしまして、正直ですね。
我々10月4日ですから、告発したんが。
丁度3年前になるわけですね。
2年半、私ども警察の方に聞きに行きましてもですね。
一生懸命やってる。
ただ、証拠が無いよと。
立件出来ないと。
だから拉致認定できないよと。
こういう返事ばかりなわけなんですね。

にも拘らず、いきなりですね。
この4月のわざわざ事故のあった日に、2年半放っとらかしてですね。
この日にわざわざ、拉致認定と言うことで同じ兵庫県の事件の日の発表ということになったわけなんですね。
どっかおかしいんじゃないんですかね?
本当にこの拉致問題、この国は、真剣に、毅然と、解決しようと言う気持ちが本当にあるんでしょうか?
2年半放っとらかしにしとった物、1週間遅らして発表して何か問題ありますか?
一月遅らして発表して何か問題があるんでしょうか?

いま一つ。
3年前の小泉首相最初の訪朝のあと、クアラルンプールで日朝交渉と言うのが行われております。
ここで金正日が認めた拉致被害者以外に日本政府は3人について、安否確認を求めております。
一人は田中実さん。
そして今一人は小住健蔵さん。
そして特定失踪者問題調査会で1000台番リスト、拉致の可能性が非常に高いと我々が見とります、松本京子さん。
この3人の安否情報を実は求めているんです。

小住健蔵さんご存知でしょうか?
原敕晁さんの事はご存知ですね?
パスポート・免許証を辛光洙に使われた、いわゆるこういうのを背乗りと言うそうですけども。
成り代わり。
北朝鮮のスパイは日本人に成り代わって、その目的の為に拉致をした、と。
こういうケースですね。

実は小住健蔵さん、同じ事が起こってるんです。
パスポートが使われてるんです、小住健蔵さんも。
同じケースなんですよ。
私たちは一生懸命、同じ神戸におりましたんでね。
やはり地元の方、田中実さんの問題と言うことが一番だと、言う事で一生懸命活動いたしました。
何としてでも田中実さんの事を国民の皆さんに知っていただこう。
そういう事で活動を続けてまいりました。

告発する10月には10月1日からその年の3ヶ月。
年末の一杯までほぼ90日ございますが、そのうちの75日ぐらい、まぁ雨の日と特別な用事のあるときですね。
東京に来るとか。
これ以外はず~~っと75日間、わずか4名5名の人数ですが、毎日2時間街頭に立ちました。
署名活動しました。
神戸には冬の名物があります。
ルミナリエというのをご存知ですか?
あの綺麗やつですわ。
あの間中ず~~と大丸の駅前2週間、毎日街頭署名に立ちました。

知事のご挨拶にも行きました。
神戸市長はたまたまこの田中実さんと同じ小学校、中学校の出身だったんです。
12月に入りますと、兵庫県庁の中にはブルーリボンと署名板とそしてカンパ箱すら置いてもらいました。
神戸市役所の中には同じくブルーリボン、署名簿、そしてカンパ箱ありました。
出来ることは何でもやったつもりです。
でもあくまでもこの暴露した告発者であったりですね。
あるいはその名指しされた人間の伝聞情報、状況証拠に過ぎないわけですね。
私ども知ってる知ってると申しましてもですね、裏一つあるわけじゃないんです。

小住健蔵さん。
パスポートが偽造されとるんです。
おかしいじゃないですか?
順番が逆じゃないですか?
私どもはそのように考えてますよ?
小住健蔵さんがなぜ拉致認定されずに、先に田中実さんが拉致認定されるのか?

田中実さんが拉致認定されたあと、私どもに様々な話が入ってきております。
小住健蔵さんの拉致認定は近いと言う話がありました。
もうひとり、松本京子さんもこの秋には拉致認定されるだろうと言う情報も入ってきました。
まぁこんだけ暑いんですから、秋も来るんが遅れとるんでしょう。
何時までもそのような話は無い。
じゃあ、これは一体なんなんだ?と言う話なんです。

現在16人の拉致被害者が認定されております。
私ども拉致の可能性が排除できないと言う事で、全国からすでに450人にも及ぶ方、特定失踪者として発表しています。
このうちの34人については極めて拉致の可能性が高いと言う事で、そのような発表もしております。
またこれとは別に、先ほど申し上げました小住健蔵さん。
またよど号の犯人である、岡本武の妻として北朝鮮に拉致された福留貴美子さん。
間違いないです。
寺越さんどうなっとるんでしょうかね?これ。
まだ拉致認定されてないんですよ?
寺越さん所の3名、拉致認定されてないのですよ?

じゃあなぜ?田中実さんが先に来るのか?
一つ思い当たりましたよ。
何か?
実は特定失踪者問題調査会、ここでの古川了子さんが現在拉致認定訴訟をしているんです。
拉致認定なんてのは私ども、極めて恣意的なものだと思っております。
一体何の根拠があって今までから現在、現在に通じるまで、何の根拠があって拉致認定したと言うのがあるんでしょうか?
何一つ無い。

法廷でいよいよ古川了子さんの事、政府にこの国に国家に、拉致認定の基準は一体どうなっとるんですか?と。
なぜ誰それが拉致認定で、古川さんは違うんですか?
こういう問いかけを私ども始めたんです。
こんなもん、答えようが無いですよ?
いい加減な事ずっとやって来たんだから。

となると、あの特定失踪者に、先ほども兵庫県警で煙たがられていると言われましたけど、あのうるさい岡田が田中実でもやっとった。
さぁ今度は古川了子さんでまたやりよると。
こら先やっとかないかんかと違うか?と。
こういうふうに私たちが勘ぐってもおかしくないような、順番が逆の拉致認定だったんです。

本当の意味でこの日本と言う国がなんとしてでも拉致問題を完全解決するんだと、強い意思を示すんであればですね。
明らかになっている。
少々フライングがあっても良いじゃないですか?
100人であれ200人であれ良いじゃないですか?
拉致の可能性があるものがあれば、堂々と政府は拉致認定をして、北朝鮮に突きつめる必要性があるんではないんですか?(拍手)
今が正念場です。
どうか皆さん、一緒に闘って参りましょう。
どうもありがとうございました。(拍手)
____________

◆この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 第12回藤沢集会(5) | トップページ | 第12回藤沢集会(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091493

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回藤沢集会(4):

« 第12回藤沢集会(5) | トップページ | 第12回藤沢集会(3) »