« よど号犯人と拉致問題 東京集会9恵谷治氏の講演(1) | トップページ | よど号犯人と拉致問題 東京集会10 恵谷治氏の講演(2) »

2006年1月29日 (日)

上野署名活動

ひさしぶりに、上野に行きました。


寒い中ですが、今日は日差しもあって、その光から春の兆しも感じられます。梅の堅いつぼみも、早春の訪れを待っているようでした。

顔なじみになった画家のみなさんが、声をかけてくださいます。立ち上がって拍手をしてくださいます。
「久しぶりだね、がんばってね。僕は一番最初に署名したよ。」
ありがたい言葉に支えられて、署名を訴えます。

上野では、いろいろな街頭活動がありますが、今日は、私たち拉致問題の署名活動だけで混乱もなくやりやすい日でした。集まったのは、7人+一匹。最高齢の近藤さんも、襟巻きを巻いて、駆けつけてくださいました。ぬくもりの伝わる街頭活動です。

「来月の日朝協議に向けて、私達の救いたいという願いを政府に届けましょう。貴方の一筆の署名が、協議での日本政府姿勢を支えます。<私達は拉致事件の被害者を救いたいのだ><国民が助け出したいと望んでいるのだ>ということを、貴方の一筆の署名で政府に伝えてください。」

ご家族連れ、学生さん、意を決したように署名台に立ち寄ってくださるお母さん、ふたりで署名をしてくださった若いカップル。たくさんの方の署名を頂きました。
今日は、264筆の署名が集まったとのこと。寒い中、なかなかポケットから手を出せない時期、最近では珍しい数字を残すことができたと、主催者からお聞きしました。

すでに、170回を超える署名活動を行っている常設の上野署名活動。毎回、毎回、全てボランティアだけでまかなっているのですから、見事です。

もうすぐ、梅もほころぶであろう、上野の山、そして迎える春、めぐみさんは日本の桜を何年見られないでいるのだろうかと、28年も見ていないのだと、そんな想いが頭をよぎります。
今年こそ、今年こそと戦い続けているご家族の想いを叶えて差し上げたい。
2006年のふるさとの桜を、満開の桜を、めぐみさんに、ルミ子さんに、恵子さんに、田口さんに、石岡さんに、松木さんに、曾我ミヨシさんに、市川さんに、原さんに、久米さんに、小住さんに、全ての被害者に見てもらいたい。

小泉さん、世論は、拉致の幕引きを絶対に許しませんよ。
少しでも進展があるように、願ってやみません。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事を読んで、拉致被害者の帰国を早期にと思った方は、下記バナーをクリックしてください。


|

« よど号犯人と拉致問題 東京集会9恵谷治氏の講演(1) | トップページ | よど号犯人と拉致問題 東京集会10 恵谷治氏の講演(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091688

この記事へのトラックバック一覧です: 上野署名活動:

» 「北鮮の犬」吉田康彦>再び拉致被害者家族会攻撃開始 [佐藤健の溶解する日本]
 かつて拉致被害者家族会を誹謗中傷し続けたた挙げ句に金正日が拉致を認められてしまい、社会党と同様にやむなく謝罪と反省をやった不細工な左翼論客吉田康彦ですが、左巻きや労組の機関紙限定ですがまだ書いています。 このおっさんの個人HP「吉田康彦のホームページ」 [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 05時27分

« よど号犯人と拉致問題 東京集会9恵谷治氏の講演(1) | トップページ | よど号犯人と拉致問題 東京集会10 恵谷治氏の講演(2) »