« 南越谷集会8 | トップページ | 南越谷集会10 »

2006年2月10日 (金)

南越谷集会9

『本間勝さんの訴え(田口八重子さんの兄)』
Photo_5

どうも皆さんこんばんは。(「こんばんは」の声)
今日は東京も凄い大雪になりまして、私も長靴で今日は(笑い声)格好の悪いあれでおるんですけども、そういう寒い中皆さんこんなにたくさん来て頂いて、ありがとうございました。
私田口八重子、いわゆる飯塚八重子なんですけど、八重子の上から数えて3番目の兄の本間勝と申します。
この運動には、家族は7人いるんですけども、どうしても女って言うのは結婚した関係で結婚先のところに迷惑をかけるとかね。
いろいろありまして、男3人兄弟がこの運動に先頭に立ってやっております。

八重子は昭和30年に生まれて、私が19年生まれで干支でいうと一回り下なんですね。
そういった歳回りなんですけども、八重子はうちの飯塚の家族の中では非常に父ちゃんに一番、末っ子なんで可愛がられてたんですね。
そういった事で親父の方は父ちゃんは早く亡くなりまして、お袋の方は平成14年に亡くなったんですけどもね。
お袋は八重子が北朝鮮に拉致されていると言う事は分かってまして、「父ちゃんが生きて無くて良かったね」と言ってました。
と言うのは非常に可愛がっていましたから、八重子がそんな北朝鮮に拉致されていれば当然怒るであろうし、やっぱり悲しくもなると思うんですよね。
一番可愛がっている末っ子でしたから。
といった関係で「父ちゃんがいなくて良かったね」と、これもちょっと悲惨な話ですけどね。

また八重子の立場から行けば、今北朝鮮のどこにいるか分からないという事が現状なんですけども、親の墓参りもね。
親父は当然八重子が日本にいる時に死んでいますから、そういう墓参りも出来ないという事でね。
本当に本人にすればそういうお墓参りもしたいだろうし、きょうだいにも会いたいだろうし、その気持ちはどの家族も同じですけども、人一倍あると思うんですよ。

それで八重子はですね、どこにいるんだろうか?と言うことなんですけども、1990年代になると八重子がどこにいるかって言うのは情報的にはもう途絶えちゃうんですよね。
去年の5月に蓮池薫さんに私の兄貴、一番上の兄貴とですね。
新潟へ行きまして、お会いして、そういう八重子の情報?
話をつぶさに聞かせていただいたんですが、そういった中で八重子とはある時期、皆横田めぐみさんとか地村さんとか蓮池さんの家族なんかと一緒に収容されていて、顔も会わせてたと。
そういった事までは分かっている話なんですけども、それである日突然。

蓮池さんなんかは朝鮮労働党の情報部関係の組織に所属していると。
で、八重子はある時期から軍の組織なんですよね。
敵工地というちょっと意味の分からない組織の方に持っていかれていますよと、聞きまして。
言う事を言ってるんですね。
だから、私なんかは蓮池さんが本当は八重子の事もある程度先も知ってるんじゃないかなぁ?と思われるんですよね。
だからもう日本に帰って来た、家族も帰って来てるんですから、日本に工作員が多数潜伏していて平田先生が先ほど言いましたようにね。
いつやられるか分からない危ないよと。

そういった中にあってもね。
我々行方不明であろうと言われているような家族は、先に蓮池さんや地村さんの子供が帰ってくるまでは、私どもも消息不明のメンバーはちょっと運動は控えて、まず家族を取り戻そうじゃないかと言う事で、運動から一歩引いてやってたんですね。
そのお陰もあってあの人たちの家族は帰って来られたと思うんですよ。
私たちは当然並行的にガンガンやっていればね。
いくらかでも進展はあったのかな?と思うんですけども、やはり帰ってきた家族が、向こうにどういう人がいたと言うのは分かってますから、やはり人情的にその人たちに先に帰って来て貰おうというのは当たり前なんですよね。
だけど反面我々の家族からすればその時間がね。
本当にもったいなかったなと言う思いはしています。

もう4年目ですよね、今年でね。
2002年にそういった小泉さんが訪朝して頂いたお陰でこのようになって来たんですけども、本当に歯がゆい。
それと拉致家族のそういう政府に認定されているといってもね。
まだ多数の行方不明の方がおられるわけですよね。
そういった方が今「しおかぜ」の電波に乗って北朝鮮に荒木さんの声で、またご家族の声も今最近放送されるようになりましたけど、私も兄貴も八重子に呼びかけをやりました。
そういった形で1月から始めております。
本当に、聴いてくれれば良いなと。

日本でもね、私も3000円の短波ラジオを買って来たんですが、それでも鮮明に聴こえます。
皆さんも一度そういった特定失踪者の拉致不明者の家族の声を生で聴いて下さい。
本当にね、涙が出てきます。
「元気でいてね」「いつかは助け出すからね」「元気でいてよ」「こっちも元気だからね」
もう、そういう声ばっかりです。
当たり前ですよね。
早く助け出したい、まず向こうでも希望を失って倒れられたら元も子もないですから。
助けだすまではね、元気でいてね、ただそれだけですね。
民間でも周波でも電波でも利用してですね。
救出運動やってるのに政府の方は目に見える物をやってくれてないんですよね。
万景峰号を止めるとかね。
経済制裁をしろと言うこととか何も言ってないんですよ。
目に見える物は。

ただそういう法律は制定して頂きましたよ。
だけどそれは使わないんだという事を小泉さんものっけから馬鹿みたいな事を言ってますけど、そういったお陰で今だに制裁も出来ないでいると。
全くタイミングを失なっちゃってるわけですよね。
最近になって辛光洙?
要するに犯人だから日本に引き渡せと、引き渡さなければ経済制裁やるよと官房長官が言ってくれてますけどね。
そういうふうにだんだん目に見える極秘情報を出して下さっていますから、先ほどから言われているように今年が一つの山場になってくると思います。

そういった事で私たち川口の6人の失踪者と言われておりますけども、そういった家族の方と浦和の窓口、埼玉の救う会と川口のそういった救う会を立ち上げているんですけども、そういった仲間とですね。
署名活動をやってます。
毎月第2日曜日ですか。
やってますけども、2時間、2時から4時くらいの間までやってますので、そういったこと、また皆さんが来られる機会がありましたら一緒になってね、署名活動をやって頂けたら。
署名をやってくれてるのは今は若い中学生とか率先して署名してくれています。
あなたたちの年齢の横田めぐみさんが拉致されたんですよ、そういうのはもう理解しています。
子供が理解していて国の大きな力を持っている人が中々理解してくれないというのは本当に歯がゆい。

まぁ取り留めの無い話になりましたけども、引き続き我々の家族と失踪者の消息が分かるように。
日本ていうのは最近スパイ養成じゃないんですけども、偵察衛星を2機打ち上げましたよね?
で、近々また打ち上げますけども、そういった情報分析をまめにしてですね。
北朝鮮のどこに地理的に我々の日本人同胞を隠しているのか?というのをね。
早くさせて頂きたいなと思うんですよ。

また公共の電波を使って、しおかぜでなくて公共の電波を使って特定失踪者のそういう、昔のNHKに尋ね人という
時間がありましたよね?
まさにね、あれをやれば良いと思うんですよ。
月日は経っちゃってますけどね。
尋ね人の時間をやっておけばね。
そりゃ日本国内向けに言ってる情報ですから、当時拉致に関係した朝鮮総連の土台人とか言われている北朝鮮の家族がいて日本に在日していて、そういった弱みに付け込まれて協力させられているという、朝鮮総連の人なんかも多数いまだにいる訳ですから、当時の関係者がね。
そういった人たちが、もういい加減に返してやってよと言う事で情報を出してくれるかも分かんないですよね?
そういったのを期待して、尋ね人の時間と言うのを作って、400名以上の公開してもいいですよと言う失踪者の情報があるわけですから、そういうのを電波に乗せて国内向けにやれば良いと思うんですよ。

海外は今、いろんなタイとかね。
拉致されている国と一緒になって、戦おうと。
共に輪を広げてやっているわけですから、そちらの方はそちらの方で力も出てくると思うんですけど、まず日本国内の重い腰をやるべきじゃないかな?と思ってます。
ちょっと話長くなりましたけど、引き続き我々の家族、また日本人同胞が北朝鮮から帰れるように、一つご支援の方よろしくお願いします。(拍手)

|

« 南越谷集会8 | トップページ | 南越谷集会10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091704

この記事へのトラックバック一覧です: 南越谷集会9:

» YAHOO北朝鮮日本人拉致事件掲示板 もくじ [minow175の拉致事件と北朝鮮情勢のブログ]
YAHOO北朝鮮日本人拉致事件掲示板の もくじを作りました。 ネットの掲示板とは言え、主張を展開し討論し、情報を交換し合い仲間を作れば、必然的に人が呟き、喜び合い、そして時に戦い、泣き叫ぶ場所になる。自由掲示板は、何時の間にか、人が行き交う現実空間になり、人が [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 16時04分

» YAHOO北朝鮮日本人拉致事件掲示板 もくじ [minow175の拉致事件と北朝鮮情勢のブログ]
YAHOO北朝鮮日本人拉致事件掲示板の もくじを作りました。 ネットの掲示板とは言え、主張を展開し討論し、情報を交換し合い仲間を作れば、必然的に人が呟き、喜び合い、そして時に戦い、泣き叫ぶ場所になる。自由掲示板は、何時の間にか、人が行き交う現実空間になり、人が [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 16時05分

« 南越谷集会8 | トップページ | 南越谷集会10 »