« 南越谷集会3 | トップページ | 南越谷集会5 »

2006年2月 5日 (日)

南越谷集会4

『佐々木アイ子さん(特定失踪者・佐々木悦子さんの母)の訴え』 

皆さんこんばんは。(「こんばんは」の声)
今日は雪の中、足元の悪い中大勢の方が来て頂いてありがとうございます。
私、特定失踪者問題調査会にお世話になっております、(佐々木)悦子の母です。
よろしくお願いします。
私は余り難しい話は出来ませんので、今日は悦子の失踪の件で話を聞いて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

私どもは二人の娘に恵まれまして、長女悦子、38年12月生まれ。
次女40年生まれ。
二人の娘共、小さい頃から元気で健康で何の心配も無く成長しました。
二人の娘、昭和61年には二人とも結婚。
親としての肩の荷が下りた思いで本当に穏やかな日々を送っておりました。

その時、悦子結婚5年目、平成3年4月22日月曜日。
浦和・埼玉銀行に勤めておりまして朝いつものように出かけ、自動車免許証・パスポート・銀行の社内預金なども手付かず。
本当に突然の失踪。
尋ね人、一般公開、警察にどんなにか足を運びました。
銀行の同僚の方や学校関係、知人、友人、大勢の方に協力お世話になりましたが、悦子に関する情報は有りませんでした。
自動車免許証の書き換えも駄目でした。
テレビ新聞のニュースで女性の死体などと目にするたびに、身の縮む思い。
身長・年齢と気になり、「あぁ、悦子ではなかった」と安堵の中、「ではその家族の方はどうなんだろう?」と複雑な気持ちになった事も何度も有りました。

悦子の事を口にすると言葉にすると本当に悲しいので、会話の無い寂しい日々を過ごしてきました。
そんなある日、主人が会社の帰り、ケーキを買って来たんです。
悦子の誕生日だったんです。
本人のいない寂しい誕生日を主人と二人で過ごした悲しい夜。
「悦子は今どこで自分の誕生日を過ごしているんだろう?」と悲しくなる事がありました。

悦子失踪から5年目、主人、体調を崩し入退院を繰り返し、最後の最後まで悦子の事を心配しつつ亡くなりました。
胃がんでした。
無念でなりません。
主人が無くなってからは主人の分まで悦子を探そうと、一生懸命私も頑張ったんです。
そんな時日本テレビ放送で、島田伸介さんの司会で「嗚呼ばら色の人生」という、行方不明者を探す、また再会の喜びを放送する番組でした。
私は何度も何度もテレビ局に出演依頼し、無事一回だけでしたが悦子の写真を胸に抱き一生懸命呼びかけました。
何か良い情報でもと心待ちしていましたが、悦子に関する情報は無く、半年後終了。

だんだん気持ちが落ち込んで、「もうこの世の中にいないんではないか?」と辛い日々。
北朝鮮拉致問題のニュースを耳にし、まさか埼玉の、海のない埼玉です。
悦子には関係ないと思っていましたが、最後の頼み、わらをも掴む思いと致しまして、特定失踪者問題調査会に相談しました。
荒木代表から「お母さん、今拉致問題が加熱していますから、家族の方に迷惑かかる事が有りますよ」と言われましたが、「よろしくお願いします」とお願いしました。

15年1月にはNHKで失踪者の名前が報道され、埼玉の浦和から失踪と言う事で報道の方が大勢家まで取材に見え、びっくりしました。
報道のお陰で5月には北朝鮮脱北者の方が悦子を目撃と、週刊誌フライデーに載りました。
脱北者の方も家まで来まして、悦子の事いろいろ聞く事が出来ました。
食べる物着る物、いろいろ聞きました。
「配給になるので心配ない」との事です。
「ただ、自由が無いだけです」と本当に悲しい事です。
「お母さん、元気でいれば必ず娘さんに会えますよ」と励まされました。
脱北者の目撃情報で拉致濃厚となり、今日も見えています新木(章)さんのご家族の方と一緒に、16年4月には県警の方に一斉告発することが出来ました。

今、特定失踪者問題調査会で北朝鮮に向け、短波放送「しおかぜ」を流しています。
夜11時から12時、朝4時から30分間、荒木代表が一生懸命呼びかけております。
ありがたく感謝しています。
正月から家族の方の声も流しています。
私も昨年12月13日に、録音してきました。
「悦子、お母さんです。あなたが行方知れずになってから14年、片時も忘れた事はありません」と熱い物がこみ上げて来るのを押さえ、呼びかけました。
でも、「お父さん亡くなりました」とは、余りにも辛く、伝えることは出来ませんでした。
私の声がどうか届きますようにと、日本の皆さんが救出に向けて応援してくれている事を一生懸命呼びかけました。
「どうか日本に帰るまでは一日一日を体に気をつけて頑張って」と。

私も悦子が日本の土を踏むまでは、この目で悦子を見届けるまでは死ねません。
頑張り続けます。
どうかこれからもよろしく、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。(拍手)
―――――――――――――――――――――――――
◆この集会の音声ファイルは話の花束で。南越谷集会のテキストは、ぴろんさんの労作です。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。



|

« 南越谷集会3 | トップページ | 南越谷集会5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091698

この記事へのトラックバック一覧です: 南越谷集会4:

« 南越谷集会3 | トップページ | 南越谷集会5 »