« 南越谷集会7 | トップページ | 南越谷集会9 »

2006年2月 9日 (木)

南越谷集会8

『平田隆太郎 救う会事務局長の講演 その3』

日本と平和的な関係が続いていれば、アメリカも北に必要以上の制裁が出来ないわけです。
仲良くやってますよと、何も悪い事してませんよと。
周りの国も認めてますよ、隣の人ともうちは仲良くやってますよというと、第三者がケンカを売れない。
そういう状況を作ろうとして拉致被害者を返した。
日本政府が必死で頑張ったわけでもなんでもない、と私は思います。

その中で北側の提案を丸呑みして、2回訪朝したという。
しかしそれ以外の人はどうするのか?
家族は皆これで殺されたと思ったんですよね。
2回目の訪朝5月22の夜、直接総理から話を聞きましたけど、これでもううちの子は駄目かなと思うくらいショックを受けた一日だったんです。

そういう事があって、日本は今まで全く動いてないんですけど、ちょっと変わって来ました。
先ほど飯塚さんが仰ってたようにまず警察がかなり動きを始めました。
年末年始の情報を得てですね。
全国10機関の警察関係の会議を開いて、もう一回全部洗い直そうという事になっています。
それから警察の中に拉致担当室と言うのが出来ました。

それと先ほどの閣僚の専門幹事会と言うのがあるんですけど、これも先ほど仰ったように関係機関だけでなくて全省庁でもう一度調べなおして、どういう制裁が出来るかね。
前と同じ返事を持って来たら許さんぞと強気で言ってるようです、官邸の方から。
だけど小泉さんが何をしているか?と言う声は全く聞こえて来ないんです。
おそらく黙認しているというか。
アメリカがここまでやってて日本がやらないって言うわけには行かない時期なんですけどね。
当事者ですからね。
当事者が怒らなければいけないのに、アメリカがここまでやっててですね。
日本が何もしないわけにもいきませんので、まぁしょうがないなぁと言って許している、と言う状況だろうと私は思います。

それから日本は総連の摘発、在日本朝鮮総連の科学協会と言うのがあるんですね。
科協って言うんですけど、そこを捜索して藤田さんの事を理由にですね。
実はあれ、核・ミサイルの部品をここが全部輸出しているんですね。
そこに手を入れました。
明らかにアメリカに連動した動きです。
それから昔の朝銀の不良債権、ありましたよね?
これにも手をつけて、安倍官房長官は厳しい対応を取るのは当たり前だと、大阪の総連については売却するぞと言う姿勢をキッチリしています。

人権担当大使(=齋賀富美子氏)も作りました。
1年かかってやっと、1年ぶりに専門幹事会をやったばかりなのに今月もう一回やると。
それは次に北朝鮮にどういう事をするかと言うのを全部各省に持って来いというので、それを持ってこさせて会議をするんだそうです。
それからちょっとこの9月以降ですね。
かなり日本も変わって来たなと言う感じがします。

去年の12月にネグロポンテという国家情報長官と言うアメリカ人が日本に来て、警察庁の漆間長官とか安倍さんとかどうも総理もいってるらしいと。
この辺でかなり密接な打ち合わせをしているんじゃないかと私は思っておるんですけど。
北に圧力をかけるという形がこれから出てくるかも分からないし、また前のような日本に戻ってしまうかも分からない。
かなり微妙な時期ですが、私たちも家族会も今度こそは今年こそは何とかしてくれるんじゃないか?と思っていて、その意味ではちょっと山場になるかも分かりません。
言う状況です。

やっぱり帰って来た5人の人たちが喋り始めるといろんな事が出てくるんですけれど、受動的に話をしたりするんじゃなくて積極的にもうちょっと喋れればいいんですけれど、これはやっぱりあの国は脅しますからね、人をね。
お前の子供を殺すぞとかやりますから、日本の中にもまだ工作員は一杯いるわけですから、何をするか分からないと言う恐怖はあると思いますね。
だけどそれを乗り越えて毅然として対応していかないと、あなたの子供もやられますよという事に成りかねないわけです。

今日本もアメリカも北朝鮮に対して外圧を高めています。
武力行使をしようとはしていません。
言葉には出しますけどそれは脅しです。
外圧を高める事によって内圧が高まる。
内圧が高まる事でともかく拉致は早く返してしまえと、本来ならば出来ない選択をしてくる。
名前の分かっている人ではなくて全部返せと、言う事を強くこれから言っていかなければならないですね。
誰がどこに住んでいるかも分かりませんので、ともかく全部返せと。
全部返さなかったらただじゃ置かないよと、言うぐらいの姿勢でやらなきゃいけません。
そういう時期がひょっとして今年来ればですね。
名前の分かっている人意外に、名前の分かっていない、おそらく3桁に上がる日本人が帰ってくるだろうと思います。

日本人の場合、よほどの事がない限りとても大事にある意味でされていまして、監視している担当者がですね。
もしその人が死んだりするとこの人の責任になっちゃいますから、必死でやっている。
拉致被害者がともかく生きているような状況を作らなくちゃいけないですね。
その意味で制裁をかけて日本人がこの事で怒っているんだという事を知らせてですね。
早くこの問題を解決したいなと、家族会とか救う会とかですね。
いつまでもやってる必要はないんですね。
明日解散するって言うくらいが一番いいわけですね。
家族会が無くて良かったねと。
皆でどこかで武道館でも何でもいいですから、ああいう所で「よかったね集会」と言うのをやるのが希望ですけど、今のところはともかく救出をしてくれと言う集会ばかりやって来てます。
今年もこれからやります。

やりますが、それは最後に良かったねと言う集会をやって早く終わらせないと。
横田さんのお父さんも病気されましたし、このままではいきませんので、私たちも何とかしてですね。
この問題を早く解決しなきゃいけない。
そのためにはいくら交渉をしても知らん顔する国に対しては圧力をかけないとしょうがない。
制裁をかけて怒っているという事をもっと明示的に堂々とアナウンスする、国家としてですね。
えっと思ったら実はやってたんだ、なんていうのじゃ駄目なんですね。
そう言うのがまだ多いんです。
はっきりと北朝鮮の犯罪に対して大きな声で返せという、いう事を是非やって欲しいなと思います。
そこまで行かないと北も簡単には返さないでしょうし、そしてこれは日本人の為にも良くないんですね。

日本も世界で大変稀な変わった国です。
騙すよりは騙されたほうがいいよといってみんなお互いにやって来て、それで何とかなってくるという大変珍しい信頼関係のある国なんですね。
だけど日本の国内ではそれが通用しても外国では通用しない場合がたくさん有ります。
少なくても悪の最前線に接触する可能性のある人は、今までの日本人同士の付き合いでは駄目だと本当に気を引き締めてですね。
この人たち騙すかもしれない、あるいは・・・(聞き取れず)するかもしれないくらいの、悪意と言うものを前提にしながら友好関係を作っていかなければいけない。
言う事なんですね。
拉致された人たちも皆善意の人ばかりで、北につれて行かれて始めてこんな酷い事をされたと気が付くようでは困るんです。
備えはいつもしなきゃいけないと思います。

大変にこれから重要な時期を迎えつつあると思いますので、今後とも是非ご支援をいただければありがたいと思います。
どうもありがとうございました。(拍手)

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 南越谷集会7 | トップページ | 南越谷集会9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1091703

この記事へのトラックバック一覧です: 南越谷集会8:

« 南越谷集会7 | トップページ | 南越谷集会9 »