«  韓国における拉致救出運動概況 | トップページ | 家族の叫び(2006/4/22ワシントンにて) »

2006年5月17日 (水)

自由北朝鮮放送でのメッセージ

■ 横田滋さんら、自由北朝鮮放送でメッセージ収録

          救う会ニュースより

 15日から訪韓している家族会の横田滋さん、横田哲也さん、増元照明さん、平野フミ子さんの4氏は、同日午後4時から、自由北朝鮮放送にて横田めぐみさん、増元るみ子さんへのメッセージ収録を行なった。放送は18日夜から4日間で計6回繰り返し放送される。4氏の収録原稿は以下のとおり。

横田滋さんのメッセージ
 めぐみへ
 めぐみちゃん。お父さんです。暫く会わないうちに白髪が増えましたが、お母さんと共に元気に暮らしているのでご安心下さい。
 私は銀行を定年退職して新潟を離れ、今は神奈川県の川崎に住んでいます。川崎は以前住んでいた鹿島寮から横浜方面に電車で10分位です。12階の部屋からは富士山がよく見えます。
 拓也・哲也はそれぞれ結婚し、合わせて3人の男の子がおり、小学校・幼稚園に通っており可愛いですよ。キム・ヘギョンさんは只1人の女の孫で、テレビで見たら可愛らしく賢い子で早く会いたいです。
 めぐみのことが漫画の本になり、大勢の人が読んでいます。また、めぐみが生まれてから13年間の写真展が新潟・横浜等で開かれ、10万人を超える人が見に来てくれました。
 日本中の人が、めぐみちゃんが1日も早く帰ってくるのを待っています。帰ってくる日はそう遠くないと思っています。皆で一緒に暮らせる日が早く来るのを楽しみにしています。それまで健康に気をつけて過ごして下さい。

横田哲也さんのメッセージ
 めぐみちゃん。弟の哲也です。37歳になってしまい、その姿を想像出来ないでしょう。今、韓国に来ていて、目と鼻の先にいながら救出することが出来ないで本当にゴメン。
 元気にしていますか。北朝鮮に拉致されてから既に28年も経過してしまった
けど、一度たりとも忘れたことは無いし、いつもめぐみちゃんのことを想っています。自由を奪われ辛い毎日だと想うけど、あともう少し辛抱して下さい。日本だけでなく世界各国が北朝鮮の非道ぶりを解決しようと動き始めているので、頑張って下さい。救出に全力を尽くすから。
 両親はだいぶ歳をとってしまったけど、元気にしています。兄の拓也も救出に向けて一所懸命戦っているよ。めぐみちゃんの友達や多くの日本国民が帰国を心から待ち望んでいるから、とにかく健康だけには留意して過ごしてね。広島にいた時のように、また楽しく暖かい時間を家族で過ごそう。
 この放送を聴いている北朝鮮のテロリスト達よ、拉致被害者に決して手を出すな!もし危害を加えるようなことをしたら、日本国民は決して容赦はしない。拉致被害者全員を無事に日本に帰すことが、あなた達が生き残る唯一の道だぞ。金正日体制が続くのもあと僅かだということを肝に銘じておいて欲しい。

増元照明さんのメッセージ
 るみ姉!
 こう呼びかけるのは、今年2回目ですね!照明です。「しおかぜ」の放送は聴きましたか?るみ姉が拉致されてからもう、28年が過ぎてしまいます。この間、親父もお袋もるみ姉を探し続けて、ついに「北朝鮮」に連れて行かれたことを知るに及び、当初は貴方に危険の及ぶことを心配し、政府に任せていましたが、10年ほど前から一生懸命救出運動に身を投じてきました。なれない署名用紙を持っての署名集め、時には無視され時には罵声を浴びせられ、それでも諦めずに続けてきた成果が上がり、蓮池さんや地村さんたちが帰ってきました。祐木子さんから貴方のことを聞いて涙が出てしまいました。拉致当初はどんなに不安で怖かったかと思うと悔しくてなりません。そして、未だに助けてあげられないことが残
念でなりません。親父は、祐木子さんたちが帰国された2日後にるみ姉に会いたいという思いを半ばに他界しました。死の直前、るみ姉に対してメッセージを残していますので、それを伝えます。「るみ子、父ちゃんはもうこんな状態だから迎えにはいけないけど、どこかそこら辺でマッチョってくれ!」最後まで親父はるみ姉の生存を信じて、救出したいと思いを持って他界しました。親父の思いを引き継いで俺もるみ姉に会えるまで、頑張るから。あきらめずに健康に気をつけて生き抜いてくれ!
 北朝鮮の人民に告ぐ!
 金正日の命令によって日本人を拉致したことは明らかになっている。貴方たちに罪はないことも充分承知している。しかし、今後「日本人拉致被害者」を傷つけたら、日本国民は貴方たちを許すことはない!中国の実質支配を許す「金正日」を見限り、解放の日まで「日本人」を守り続けることが貴方たちの未来に繋がる。
中国が頼りにならないことは貴方たちも知っているだろう。日本こそ、貴方たちの救世主だから!「拉致被害者を返し、核を放棄したならば直ぐにでも世界は貴方たちを助けるだろう」絶対に、傷つけるな!

平野フミ子さんのメッセージ
 増元るみ子さん、増元るみ子さん、るみ子ー。
 今、どこにいますか?
 元気にしてますか?
 体の具合はどうですか?
 私達にはそれが何も分かりません。
 でも元気でいることを信じているよ!!
 貴女も大変な所へ連れて行かれてしまったねー。
 でも、今国際社会も北朝鮮による拉致を認識し始めました。
 世界の心ある人達がるみ子達の救出に向けて少しずつ動いています。
 だから、ガンバレ、キバレ、もう少しじゃっど!!
 私達(日本)が必ず助け出すからね。
 どんなことがあっても希望を持って生き抜いてね。
 母ちゃんもるみ子の帰りを待ってるよ。
 るみ子達を救出する為に一生懸命活動してくれてます。
 鹿児島の桜島も、天文館も喜んで迎えてくれるよ!!
 安心して帰って来てね。
 いつまでも、待ってるからね。
 姉ちゃんより。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

«  韓国における拉致救出運動概況 | トップページ | 家族の叫び(2006/4/22ワシントンにて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1824593

この記事へのトラックバック一覧です: 自由北朝鮮放送でのメッセージ:

» 横田滋氏に書簡:「日帝が強制連行した数十万の朝鮮人『めぐみ』を忘れるな」 [Here There and Everywhere]
「数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?」 「韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民がめぐみさんに関心を持つことをあなたが願ってい [続きを読む]

受信: 2006年5月18日 (木) 23時34分

«  韓国における拉致救出運動概況 | トップページ | 家族の叫び(2006/4/22ワシントンにて) »