« どうして福田、左翼、ゼネコンを「擁護」するのか?なぜ巨悪を助けるのか? | トップページ | 日米韓での連帯を この意味 »

2006年5月20日 (土)

5.18東京集会報告

蒼き星々メイン掲示板投稿より

momoedake管理人の東京集会出席報告

東京連続集会18に出席しました。三田の友愛会館9F会議室に約100名の参加者が集まりました。家族会から横田夫妻、拓也君、飯塚副代表、増元事務局長、有本夫妻、救う会から西岡さん、島田さんが出席。熱気に溢れた集会でした。

主に、訪米、訪韓の報告がありましたが、今回の報告から言える大事なことは、拉致問題を、日本とアメリカは連携して人権問題として戦っていくことです。もちろん、相手は北朝鮮は言うまでも無く、対中国、対韓国で人権問題で圧力を掛けていくことがポイントです。アメリカは、今回の公聴会、早紀江さん、キム・ハンミちゃんとの会談で強力なメッセージを出しているのです。拉致事件解決、脱北者問題を解決していく、即ち、それを妨害しているのは北朝鮮であり、中国なのです。さらに、日本は加藤駐米大使が出席していますが、韓国は大使、公使、領事は誰も出席していないのです。

会談の際、レセプションにはアメリカのハイ・ランクのメンバーが出席して、その決意を鮮明にしています。レセプションには、6者協議のクリストファー・ヒルズ国務次官補も出席しています。
西岡副会長からは、5.28の国民大集会の位置づけを発表しました。それは、今回の訪米、訪韓のことよりも、それを受けて、日本はどうするのか、それを考える集会にしたいとのことです。その際、各政党には、どのようにして拉致事件を解決していくのかを発表させたいとのことです。なお、安倍官房長官は国民大集会に向けてメッセージを託し、会場で読み上げられるとのことです。

今回の集会で、ブッシュとの面談には、安倍さんの並々ならぬ熱意での働きかけが何度も報告されました。
懸念することも報告されています。訪韓しなかった早紀江さんに対して、めぐみさん夫の金英男さんのお母さんからの手紙には、両家の両親で、早く、ヘギョンちゃんに会いたいですね、と書いてあることです。早紀江さんは、以前のヘギョンちゃんと会うことの葛藤、問題を話され、会うことが拉致問題全体への大きな障害になることを心配され、今度、日本でお母さんに話をしたいと言っていました。有本さんも、このことに大きく心配しています。

拓也君も、早紀江さんが緊張していた様子を話していましたが、早紀江さんは体が相当、痛かったようです。久方ぶりに卓也君の話を聞きましたが、論理も明快で、熱っぽく話す姿を見ると、家族会の大きな柱に成長したとの印象です。
救う会の島田副会長は、日本政府に必要なことは、1.経済制裁、2.各国の拉致に関する情報収集を図っていくことを訴えていました。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« どうして福田、左翼、ゼネコンを「擁護」するのか?なぜ巨悪を助けるのか? | トップページ | 日米韓での連帯を この意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/1863198

この記事へのトラックバック一覧です: 5.18東京集会報告:

« どうして福田、左翼、ゼネコンを「擁護」するのか?なぜ巨悪を助けるのか? | トップページ | 日米韓での連帯を この意味 »