« 「美しい国へ」から | トップページ | 東京連続集会20(6) »

2006年8月 6日 (日)

「耀徳(ヨドック)ストーリー」モデル、金英順さんのお話

金英順さんのお話

Imgp0920_1

みなさん今日はこちらに足を運んでいただいてありがとうございます。
今日ここで話を聴いていただく方々に感謝を申し上げます。
私は1937年生まれで今年で70才になります。
私は1970年に平壌の 平壌総合芸術大学舞踊学部 を卒業しまして有名な 崔承喜( チェ・ソンヒ?)先生からクラシックバレエを教えていただきました。

平壌でずっと良い暮らしをしていていたのに、ある日突然これまで聞いたことのない耀徳(ヨドック)収容所というところに行かされる運命となりまして、あんなに悲惨な暮らしが始まるなんて、夢にも思わなかったんです。

「耀徳(ヨドック)収容所の悲惨な状況を話そうとしたら何日間話してもきりがないです。
今日は短く何点か話させていただきます。

私は1970年八月に耀徳(ヨドック)収容所に収容されました。1978年11月に出所をいたしました。耀徳(ヨドック)収容所には日本人も何人かいらっしゃいました。有名な俳優・・・と言う方がいるんですけれども、彼の奥さんも日本人でした。その中(耀徳収容所)では日本人だけで構成された作業班があったんですけれども、第十作業班と言いました。

私の旦那さん(主人)は辛光洙に告発されて耀徳(ヨドック)収容所に入りました。
私が何故耀徳(ヨドック)収容所に収容されたかというと、私は金正日の奥さんであるソン・ヘリンと同級生であります。一家の内幕を良く知っていることが、罪となって耀徳(ヨドック)収容所に監禁されたのです。

その期間は8年間に及びました。その8年間の間に父母は栄養失調で亡くなり、一人しかいなかった息子は9才の時に学校から帰るときに川で溺れて死んでしまったんです。

耀徳(ヨドック)収容所の8年間の話は、「耀徳(ヨドック)ストーリー」の2時間では表現しきれない悲しい8年間だったんです。

それを鄭成山(チョン・ソンサン)監督さんが、私達の証言をもとに、また、監督さんのお父様が北朝鮮で亡くなった事への怒りを込めて本当に良い作品に仕上げたと思っております。
また、私も証言者として監督さんや俳優のみなさんに自分の知っている限りの証言をしてきました。

(私は)北朝鮮にいたときに舞踊家=ダンサーをしていたということで、今回の舞台の北朝鮮側の振り付けを担当しております。

これから、この作品(「耀徳(ヨドック)ストーリー」)を皆様が見てくださって、世界平和を願う皆様が、この作品を見て人類の幸せのために、北朝鮮の(収容所に収容されている)二十万の政治犯を助けるために、是非力を貸していただきたいのです。

その中で悲惨な暮らしをしている政治犯の人々、9才で入って19才で出た人もいます。私は34才で入って、8年過ぎて、42才で出ました。その8年間の話をしようとすると、涙が出て話が続けられないくらいです。

収容所を出るときは、この10本の指で指紋を押さされて出ました。二度と収容所の中には入らないことを誓いながら指紋を押さされたので、北朝鮮にいる間は何も話したいことを話せない状況でした。

私が8年間収容所にいたときに、お父さんとお母さんの死体は、棺桶も無しにただ風呂敷に包まれて、子供の死体も棺桶もないところにただ捨てられたというような感じでした。

それを思い出すたびに怒りがこみ上げて何を言えばいいかわからないくらいです。
そのような気持ちを「耀徳(ヨドック)ストーリー」という作品が代弁してくれまして、本当に感謝しております。

まだ若い鄭成山(チョン・ソンサン)監督さんが、この作品、「耀徳(ヨドック)ストーリー」を仕上げてくださって、金正日の罪を世界に知らせる、その発端の作品になるように願っております。

見てくださる人々も、早くこの金正日体制が倒れるように、みんなが力を合わせて、世界平和のために、苦しんでいる人々を助けてくださるように期待を込めております。

世界には貧しくてご飯を食べられない国がいっぱいありますが、それのほとんどは自然災害、地震とか言う理由ですが、唯一この北朝鮮だけは、独裁政治によって、国民が思うように食べられない国であります。

この国の体制は必ず絶滅させなければなりません。北朝鮮の国民を早く助けたいです。

(「耀徳(ヨドック)ストーリー」が)私達の講演とか政治的な確執より、芸術作品を通じて、金正日政権を狙う決定的な銃弾になって欲しいんです。

31年間国家保衛部から監督される長い生活だったんですけれども、2時間の「耀徳(ヨドック)ストーリー」をみながら、それでももっと・・前向きな気持ちで生きていこうと思っております。

北朝鮮では未だに罪ではない罪で、無法に死んでいく人がたくさんいます。日本の皆様、そしてアメリカ、ヨーロッパの中でも、北朝鮮の人権侵害に関心を持つ人々が力を合わせて早く金正日政権を倒して、北朝鮮の人々を助けてくださるように願っております。

話したいことは山のようにありますが、時間の都合で今日はこれくらいで終わろうと思います。しかし、、こんど東京にきて公演するときに、是非皆様にお会いして、その時にもっと色々なことをお話ししようと思っております。

「耀徳(ヨドック)ストーリー」はただのフィクションではなく、耀徳(ヨドック)収容所で悲惨な暮らしをしていた証言者の真実、事実に基づいて仕上げた素晴らしい作品です。

みなさまの心に響く作品になっていると思います。

最後にもう一度、素晴らしい作品に仕上げてくださった鄭成山(チョン・ソンサン)監督と、韓国で主演してくださる素晴らしい女優さん達に感謝の気持ちを述べます。みなさん、ありがとうございます。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 「美しい国へ」から | トップページ | 東京連続集会20(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/2949869

この記事へのトラックバック一覧です: 「耀徳(ヨドック)ストーリー」モデル、金英順さんのお話:

« 「美しい国へ」から | トップページ | 東京連続集会20(6) »