« 川口市民の集い(10) | トップページ | 川口市民の集い(12)上田知事 »

2006年8月21日 (月)

家族を前面に立てない戦い

アブダクションのハリウッド公開から日本上映へ向けての動き、須藤監督の映画制作、各地で行われている写真展、そして北朝鮮の人権問題を訴えるミュージカル「耀徳(ヨドック)ストーリー」のワシントン公演の動きを見ていて、新しい方法で拉致、北朝鮮人権問題を訴えることの重要性を感じています。

この4年間、横田夫妻をはじめとする拉致被害者家族の活動をずっと近くで取材し追いかけてきたある記者の方は、『ご家族の疲労は限界に来ていると感じます。取材をするのも痛々しいほど・・』と漏らされました。

私達は、家族を前面に出して戦いを進めてきました。横田夫妻はとうとう日本国中、全都道府県で公演を行いました。ご家族がいるからこそ、ご家族の切実な声があるからこそ、集会に人は集まります。ご夫妻の訴えは、どんなに人々の心を揺さぶったことでしょう。この活動があって、世論が揺るがず、全員の奪還を誓い、制裁への理解も深まってきました。本当にご家族の努力には、頭が下がるばかりです。

北朝鮮や総連は金英男さんの記者会見で、すべてこの問題は収まると本気で信じていたようで、それこそ私達は呆れてしまうのですが、その北の思惑を覆してきたのが、救う会、家族会の活動による日本世論の目覚めであり、揺るがぬ奪還への意志です。

どれほど、北朝鮮が日本世論を誘導できずにじたんだ踏んでいるかを伺わせます。
それも、ご家族の活動の賜です。

9月以降も、集会の日程は目白押しです。昨年末に体調を崩された滋さんも、弱気を見せずに、疲れをおして、周りには、『大丈夫です』と気丈に答え、その疲れを見せまい、心配をさせまいとなさっているように思えます。まさにつかれた顔を見せることで、北朝鮮につけいられないように、必死に闘い訴え続けようという強い強い意志を感じさせます。
私達が、それを止めることはなかなかできません。

しかし、このままで良いのでしょうか?

もちろん生の声を聞くことは本当に大切です。
けれども、走り続けさせ、消耗させ、家族を全面にたてていて良いのかという疑問が湧きます。

確かにご家族が参加すれば、署名の数も増えます。集会の参加者も増えます。しかしご家族は集客マシーンではないはずです。ご家族の最大のお仕事は、『生きて、元気で再会すること』のはず。それを絶対に忘れてはいけないと思うのです。

横田さんには全国から応援の手紙が届き、季節の果物、ぬいぐるみなど様々なものが届くと聞き及んでいます。しかし、全国からのその暖かい贈り物は、送り手の自己満足になっていないでしょうか?横田さんの自宅には倉庫が欲しいほどの贈り物の山ができているそうです。横田さん達が願っているのはめぐみさんとの再会です。そのための世論の支持です。物ではないのです。暖かいお気持ちを無にするつもりは毛頭ありませんが、そのところを忘れてはならないと思います。

荒木さんは、9.17以降も、いつもおっしゃっています。『本当は私達が先頭に立って、ご家族の代わりに訴えていかなければならない。ご家族には少し休んでくださいと言って、我々が活動を進めなくてはならない』と。

私は、このままの状況を続けていては、高齢のご家族の中から体調を崩される家族がでるのは、時間の問題だと思います。

石垣島の集会は、NETで配信されています。ぴろんさんのサイトでは、集会の音声がいつでも聞くことができます。書籍もたくさんあります。写真展も、映画も、ミュージカルも。。

家族はそれでも走り続けます。走りたい、居ても立ってもいられないお気持ちもあるでしょう。
走っていなければ、安心できないといったお気持ちもおありでしょう。

それでも、敢えて私達は、ご高齢のご家族には、10回に一回は『無理をせず休息してください』と言うべき時が来ていると私は思います。
5回に一回でも良い。

石垣島集会オンデマンド放送や、ご家族の声、映画、写真展など、家族に代わる訴えのできるさまざまなアプローチを生かして、私達が少しでも、ご家族の100分の一でも、前に進んで活動をしていくべきではないかと、私は思います。

その意味でも、私は須藤監督の映画制作を支持しています。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

|

« 川口市民の集い(10) | トップページ | 川口市民の集い(12)上田知事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35960/3153715

この記事へのトラックバック一覧です: 家族を前面に立てない戦い:

« 川口市民の集い(10) | トップページ | 川口市民の集い(12)上田知事 »