カテゴリー「有本惠子さんを救うぞ東京集会」の記事

2005年2月10日 (木)

有本恵子さんを救うぞ東京集会(1)

有本恵子さんを救うぞ東京集会
2005年2月10日(木)東京友愛会館で行われた集会の模様、ぴろんさんのレポートです。

有本嘉代子さんのお話 1

皆さんこんばんは。
こんなにたくさん来ていただきまして、ありがとうございます。 この問題は一言で言って長くかかり過ぎております。
皆さんはご承知だろうと思いますけども、私どもの恵子は国内からではなくて、ヨーロッパの方から、よど号の奥さんたちの手によって連れて行かれたという形なんですけども。

当初から申し上げますと、小さいときからわり方おとなしい子だったんです。
人の前にバッと出にくい、物の言いにくい、どっちか言うたら後ろへ後ろへ寄るような子なんですね。
幼稚園の頃なんかはちょっと小柄でしたので、一番前に並んでいるんですけれども。
小さい子供って、先生が「きちっと並んで行きなさいよ」って言われても後ろからく~っと掻き分けて行きますよね?
いつも一番前にいますのに一番最後に出てくるんですね。
そんなような子だったんです。
有本嘉代子さん
おぎゃ~っと産まれて、赤ん坊の時分からそんなにわ~わ~と泣かない。
おしめを代えて気持ちが良かったら、す~す~と寝るような子で。
本当に(子育て)しやすくて、全然手がかからなかった。
ちょっと物心付いてからでもわり方聞き分けのいい子供で、こちらのことは言うことは理解できたようで。
普通のほかの子よりも。

私は女の子5人男の子1人と6人あるんです。
私がきょうだいはあるんですけど、家庭の事情で私一人で育ったもんですから、子供はたくさん産んで賑やかなのがいいなと言う感じでおりましたので、6人なんです。
その3番目なんですけども。
非常におとなしい聞き分けのいい、本当に手のかからない子だったんですけれども。
最後に一番手がかかって(笑い声)本当にどうしたらいいのかと思って、毎日思い悩んでおります。外国へ行くときでも1人で行くって言ったんですね。

そんな知らんところへ行って、水も変わるし、体もきょうだいの中で一番弱かったもんですから、それが心配だったんです。
でもこんなことが起こるなんて夢にも思わなかったですけど。
向こうに行ってる間に病気になったらどうするの?ってそれが一番の心配でした。

1982年に学校を卒業しまして、3月に。
あの子は神戸市立外大の2部を出てるんです。
ここはお昼行こう思ったら非常に難しい学校なんです。
ちょっと入れないんです。
それで2部の方に行きまして、お昼はね、自分でアルバイトをしてました。
ですから小さい時分からそんなにお金も無駄に使わないし、きちっと自分のことは自分でするような子供でしたから、お金もきっちり貯めてたんですね。

主人のきょうだいが3人いまして。
姉と妹と真ん中なんですね、主人と。
どちらも子供たちは良く可愛がってくれました。
本当に、上も下も義姉も義妹も良くしてくれました。
義妹と恵子は偶然にも生まれた月日が一緒なんです。
誕生日が一緒だからと言うわけじゃないんですけれども、たくさんいる中で特に恵子が可愛かったみたい
です。

小さい時分から、次に出来ましたのが1年2ヵ月ぐらいですぐに次が出来たんです。
私が下に手がいるもんですから、下が出来た時点で義妹が自分が夜になったらずっと抱っこして寝てくれたんですね。
そんなんで、私以上に恵子のことは叔母の方が良く知ってると思います。
そんな関係で高校に入りました時点で、英語が小学校の時分からわりと好きで、ちょっと昔習いに行ったこともありますし。
高校に入った時点で元町にファルマーって学校があるんですね。
職業人の方も大勢来ておられました。
その夜間に行く言うことで、お昼高校で夜そこへ行ってたんです。

たまたまその学校が義妹が買いましたマンションのすぐ端にあったんです。
「遠いところだったら通うのも大変だから、私が迎えに行くわ」って、5分くらいの所でしたから、いつも夜間のときだけは迎えに行ってくれてたんです。
そしたら「そないするのが面倒だから、とにかくずっと家におって一緒に暮らそう」と言うことになって高校の時点から私どもの手から離れて、義妹と一緒に暮らしてたんです。
よく叔母ちゃんが世話してくれましたし、恵子のことは良く知ってると思います。

自分が外国へ行くと言うたんも事後承諾で、私ども全然お金出さなかったんです。
自分が4年間に夜の学校ですから、お昼アルバイトをして(お金を)貯めてましてね。
全部申し込んで、何もかも手続き済ましてて事後承諾みたいに。
義妹はやりたくなかったから、「親が止めてくれると思ってた」といまだに怒ってるんですけども。
止まらなかったんです。
いつでも素直に言うことを聞くのに、これに関しては一歩も譲らなかったんです。
泣いて「行かしてくれ」て言うたんですね。

最初は半年と言う約束だったもんですから、半年くらいだったらすぐ済むわという感じで、半年経ったらすぐ帰ってらっしゃいよって言うたんですけれど。
それがもう半年経った時点で。
手紙はねもう本当にこまめに、毎月に最低でも1回、多いときは2回3遍と来てました。
「今日はこんなところ行ったのよ」とか、一年間いたんですけど、一年間おる間本当に楽しくて仕方がないといった感じですね。
手紙が来たらそんな感じがするんですね。
だからちょっと帰りたくなかったんだろうと思います。

やっと翌年の1983年の6月の末に、「もう帰るわ」と手紙が来たんですから。
私もやれやれ思いまして、そしたら「夏の2ヶ月くらいは旅行しもって帰るから」という手紙でして。
すぐに帰ってくればいいのにと思って、私もすぐに手紙出したんですけど、ちょっと行き違いになってたんじゃないかなと思うんですね。
2ヶ月くらいは旅行しもって、こんなゆっくりなかなか来られないからいうんで、その時ちょっとまとまってお金も出してたんじゃないかと思います。

丁度私は弟が東京銀行に勤めておりましたんで、後輩の人がちょうどロンドン支店に勤務しておられたので、その人にくれぐれも頼んでくれてね。
「なにか相談に来たら相談に乗ってやってくれ」って、お願いしてくださったんですけど、「いっぺんも来てなかったよ」と言うことだったらしいです。
そこでちょっとお金を引き出して、2ヶ月くらい回るつもりでしてたんだろうと思うんですけれども。
そのときは八尾さんのことなんか全然分かりませんから、「8月の9日に帰る」ってと手紙が来たもんですから、そのときはああ良かったやれやれ帰ってくると思ったんですが。

義妹が8月の9日に一緒に迎えに行こうというつもりだったんですけど、義妹はちょっと私は気になることがあるからと。
あのひとはピンと霊感が働くことがあるんですね。
「とにかくいっぺん伊丹に電話してみるわい」って空港に電話してみたんです。
「その方ね、キャンセルしておられますよ」って、そない言われたんですね。
それが今も覚えておりますが、キャンセルした人があの、なんせ横文字でしたわ。
そんな全然聞いたこともないし、その前に「どうしてキャンセルしたんだろう?」と私たちもドキッとしたんですけど。

追ってその日のうちに電報が来ました。
今日も確認したんですが、8月8日付で出してるんですね。 そのときに今思いましたら、電報全然出せないんです。
だからこれは多分よど号関係の人が出したんだと思います。
後になって分かったんですけれども、西側の警察の方が、キム・ユウチョルいう北朝鮮の工作員をずっとチェックしてたんですね。
たまたまその人をコペンハーゲンの空港で見つけて写真を撮ったんですって。
そのときに恵子が端にいたんです。

それでそれは早い時期に(日本の)警察にその写真が来てたみたいです。
だけど私どもは全然分かりませんし、とにかく帰ってくる言うたまんま帰ってこないし。
本当(時間が)経っても連絡がないし、手紙は「市場調査みたいな仕事が見つかって、ちょっとしたいんだけれど」と言う手紙だったんですけれど。
一ヶ所にいないですからね。
方々行きますから、行った所から手紙出しますっていうような、だから本当にイライラしましたんですけど。
片便りでこちらからはどうすることも出来なかったんです。

それで、そうですね、8月の中ごろにいっぺん手紙届きました。
「また行った所から手紙出すからね」って感じで。
10月の中ごろに来てるんですけど、これはいつもあの子は日にちをきちっと書くんですけど、書いてないんです。
これはおかしいな?と思ったんですけど。
だからこれは多分、八尾さんが書かせたんだろうと思いますけど。
「手紙出しておいてあげるから」って言うたん違いますかね?
手は恵子のでしたから、恵子の字で、ただ日にちだけ入れんと書いてました。
それが私がいつだったか日にちを覚えてなかったもんですから、10月の中ごろと私が自分のこれに書いてあるんです。
それを最後にばたっと来なくなったんですね。

それでも何ヶ月も経つもんですから、そうですね、10月に来なくなって翌年の年明けてから初めて警察に届け出しました。
「こんな状態で・・・見てたんですけどもいまだに帰って来ないんです」言うことを、警察に届け出したんです。
警察から、そうですね、3回か4回くらい足運んだと思います。
「ちょっと来てください」言われまして行きますとね。
いろいろ、「身長はどれぐらいですか?どんなものを好んで着られますか?」とか「足は何文くらいの靴を履かれますか?」とか。
ひょっとしたらこれ外国で死んだ人じゃないかな?と思いまして。
「ひょっとしたらこの人、東洋人らしき人が外国で亡くなった人の照会違いますか?」って聞いたら、「そうです」っておっしゃる。

「そんなのあんまり私聞きたくないです」って言うた記憶はあります。
そしたら警察はそのとき「私が調査しなくていいと断った」っておっしゃってました。
そういうように取られてたんですね。
そんなんでそのまま、5年間は本当にどうしようもなかったですね。
手も打ちようが無かったんです。
1983年の最後の手紙で、今度は1988年に北海道の石岡さんという方の所へ手紙が参りまして、それで手紙とそれから写真が入ってたんですね。
これが入ってた写真を引き伸ばしてもらったんです。
(恵子さんと石岡さん、赤ちゃんの3枚のモノクロ写真を会場に向けて披露する)
そしてもうひとつ子供の写真とね、3枚入ってたんです。
文面が、「北海道の石岡さんと恵子とそれから九州の松木さんと3人が、一緒に力合わせもって平壌に暮らしております」いうような手紙でした。
だから私はずっと子供の写真はね、松木さんだと思ってたんです。
松木さん、どうして外国に行かれるのにこんな子供の頃の写真をずっと持ち歩いてたんかなぁ?と。
二人は見たことあるのでこれは北朝鮮で撮った写真だなぁ、と思ったんですけど。
これは松木さん松木さんとずっと思ってたんですね。かなり経ってから、「宿命」という本を書いた高沢皓司さんという方があるんですけど。この方が、ちょうど震災の年でした。
あのときに突然訪ねて来られて、一度来られたんですけど、私も全然面識が無いもんですから、ちょっと不安だったもんですから、主人にちょっと外で会ってきてって。
どんな人か分からないからということで、ちょっと外で会ってもらって。

二度目に来られたときは朝日放送の石高さんていう方が、拉致問題にずっと取り組んできた人なんですけど、この方がご一緒してうちまで来てくれたんです。
そのときに初めて子供の写真のことを説明なさいました。
「これは石岡さんと恵子の間に出来た子供だと思いますよ」とおっしゃって。
「あ、そういえばそうだな」と納得いったんですね。
その時点までは松木さんだ松木さんだと思ってたんですね。
結局(手紙を書くのに)用紙も何も無かったんだと思います。
これは伊丹を出るときに入った保険の用紙に、これはずっとも持ってたんだろうと思います。

そこに字を書いてある上に自分の手で住所と名前と書いて、両親の名前と書いて、電話番号を書いておりました。
石岡さんも自分の手で書いておられました。
ところが松木さんは、そのとき一緒にいなかったんじゃないかな?と思うんです。
松木薫さんと書いてあるんですけど、これは石岡さんの手で、熊本県熊本市までしか書いてないんです。
だから松木さんには長い間連絡できなかったんです。
住所がキッチリ分からなかったもんですから。
ボブヘアーの恵子さんの写真 そんな状態で、一応北朝鮮におると言うことが分かったもんですから。
とにかく私はそう思います。
この写真がやつれてます。
だからこの間から特定失踪者の方の写真がいろいろ出てきてますけど、全然他人さんが見てはったら分からないと思うんです。
これが恵子の、(写真立てに入ったボブヘアの恵子さんの写真を掲げる)この顔しか私知らないんです。大学行ってる、ちょうど入学する頃はこんな顔だったんです。
私が入学式のときは付いていったもんですから、最寄の駅で待ち合わせして、一緒に行ったんです。
私はこの顔しか記憶にありません。
全然顔が変わってますからね。
特定失踪者の方でもあんなに変わっていたら、全然。
親だから分かります、特徴のあるところはありますから。
全然分からないだろうと思います。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(2)

有本嘉代子さんのお話 2

とにかく主人と二人、必死の思いで手紙をよこしたんだろうから、どうしても助けてやらなければいけないと動いたんです。
9年間。
私は動いていません。
子育てで大変ですから、よう動きしませんから。
主人が外務省の方なり政治家の方なり、一所懸命できる方があったらそこへ行って、9年間は二人で動きました。
外務省に行った記憶の中で、私は本当にいつ行っても私は座って話した記憶がありません。
3遍ほど行きましたけど。
入り口までばっと出てこられるんです。
立ったまま「国交が無いですからね」って感じですね。

ですから一番最初土井さんのところに行きましたけど、土井さんのとこも「先生に言うときます」て秘書の方が言われて。
そのまま何の返事もありませんでした。
それが1983年のまだ暑い時分でしたからね。
手紙が来たのが9月6日でしたから。
まだ9月中に多分行ったと思います。
でも(土井さんから)便りが無かったから、仕方が無いと思って、主人も「政権を取ってるのは自民党だから、これは社会党行っても駄目や」と言うことで。
それではじめて安倍先生のところだけコンタクト取れたんです。
で、「とにかくどうなるか分からないけど、とにかく一遍来てください、手紙持ってきてください」って言うてくれたんですね、秘書の方が。

それで最初は私その手紙を持って安倍先生の議員会館の事務所へ行きました。
今もいらっしゃいますけど、飯塚さんて秘書の方が、「どこいったらいいかなぁ?」言うて、事務所の中たくさんいろんな方が来ていらっしゃって、皆で相談して、「警察行かなきゃ仕方が無いかな?」ということで警察署へ連れて行ってくれたんです。
そこではかなり、1時間くらい私が話することを、いろいろこういう経緯でいなくなったんですということを、1時間あまりかかって1人の人がきちっとしてくださいました。
「これはでもね、国内の事だったら何とかなるけど、外国のことだからね」っておっしゃったもんですから。
そしたら「外務省行かな仕方ないな」ということで、また外務省へ車で連れて行ってくれまして。
外務省は5分ほどでした。
そのときから外務省、おかしかったんですね。

表から出てこられて立ったまま、5分くらいで「国交が無いからね」て言われました。
その以降、また主人と同じ道をたどって、警察へ行ってまた外務省へ行って。
その外務省へ行ったときは、2度目に行ったときは、「これは難しい国ですので、これが表に出ますと娘さんに危害を蒙ることがあったらいかんので、この話は伏せておきましょう」って言われたんです。
そのときは主人も納得して「この時期だったら黙ってな仕方ないかな」って思って黙ってたんですよね。

それ以降はもうどうしようもなくて黙ってたんですけども。
19・・・ちょうどね地震が起こったときですよね。
地震が起こる前ですから1990年90年の末に、とにかくマスコミの方がわ~っともう、何社もね、一番最初は文春の方が来られたんです。
それから各社が、もう本当に、年末だったんです。
もう20日過ぎてたと思うんですけど、年末までず~っと来られるんですよ。
「これ隠しておこうと言ったのに、どこから漏れたんですか?」って言うたら皆おっしゃらないんですよ。
「こんなに表に出てしまったら、これ表に出な、しようがないかな?」と思って、北海道の方と相談して。

翌年の1月の16日くらいだったですかね。
外務省の方に正式にお願いに上がろうということで文書にして持っていったんですね。
そのときに表に出すべしって、名前もきちっと明らかにするべしで行ったんですけれども。
記者会見が始まりまして。
本当にそういうのは生まれてはじめてですから、記者の方がたくさん来られてますし、テレビの方もずらっと後ろに並んでらっしゃいますし。
そこで、いざこれから私たちが話ししようというその直前に接触してこられた方があったんです。

マスコミの幹事社言うんですか?
代表して仕事してくださったのは、そのときはNHKなんです。
NHKの記者の方が来られて「ちょっと会ってほしい人があるんですけど」と言われるので、別室へ行って会ったんですね。
その方がそのときは名前も何もおっしゃらないし、どこから来られたか分からないんですけども。
「私が金正日と太いパイプを持った人を知っておりますので、水面下で必ず娘さんが帰れるようにしますから私に任せてください」っておっしゃったんです。
それが後になって分かったんですけれども、ウニタ書房言いまして、よど号の機関紙を売ってらっしゃっる方らしいです。

その人が「水面下で必ず取り戻す」って言うてくださったんで、「それだったら帰りさえしたらいいんだから」と。
「どうしたらいいんですか?」って聞いたら、「今から記者会見始まりますけども、そこで氏名と住所を一切言わないでください」言うてはったんですね。
それが言わないことがどういうことなのか全然分からなかったです。
とにかく(記者会見で)名前言う段になったら「急に言えなくなったんです」って言うたら、記者の方がものすごく怒られたんです。
「早くから来てこないしてるのに、住所と名前と言うてもらわんかったら何にも出来ない」って。
というのはその翌日湾岸戦争が始まったんです。

明日湾岸戦争が始まるっていうて、「こんな急がしい最中に来てるのに、こんなこと言うたら困る」ってすごく怒ってはったんですけど。
そのままとうとう言えずに終わってしまったんです。
私どもはその遠藤さんと1年あまりお付き合いしました。
だけど北海道の方はハッキリ申し上げたら、得体の分からない方だから私は付き合いようせんて、私はこのまま置いて行きますって。
私どもはその方と1年ほどお付き合いしました。
なにか大阪に絵本を仕入れにいくて言われたら、ちょっと神戸へ来て会いましょうか、と言うことで3遍くらい神戸の駅の近くのホテルで会いました。

だけどそれがいまだに誰のツテで来られたのか全然分からなかったんですけども。
金丸さんが逮捕されたんです。
あの時点から全然連絡してこられなくなったんです。
だから政治家のほうから来てはったのか、どこから来てはったのか。
それでも外務省ともなにか関係があったみたいです。
主人が外務省がおかしなことをしてると「そんなことしてもらったら困るやないか」って文句言うていきますと、あくる日必ず連絡が入るんです。(笑い)
「あれはちゃんと生きております、ちゃんと動いておりますから、必ず水面下で助け出しますから」と。
そのときに第三国発言なさったんです。
森首相が第三国発言なさいましたね?
北京に連れてきてそこで会わせる、それを聞いたとき、私は驚きませんでした。
「ああ、遠藤さんと同じこと言うてるわ」と思って。(笑い声)

だけど遠藤さんが「北京に娘さんたちを連れてきてもらって、お母さんたちと会って、それで日本に帰ればいいような、そんな形も取れるんですよ?」って遠藤さん言いました。
最後にあの方はずっと見てましたらね。
「でもこれはどこかで行き詰ってるような感じがするなぁ、絶対これでは解決しないような感じがするなぁ、あの人もいつまでもこの人たちを自分が騙してるのいかんなぁ」というふうに私は取れたんですね。
「そんなような気持ちでおってる違うかな?」というような一遍バッとしたんです。 そのときになにか一番最後にね、「とにかく手紙を書いてください。手紙を必ず持っていくルートがありますから、娘さんにまで届けてあげますから」と言うことでしたので。
差し支えの無いことだけを書いて、家族全員が一筆ずつでも妹たちは「元気にしてる?」と言ったり。
長女がちょうど(恵子さんがロンドンに)行くときに子供を身ごもってましたので。
向こうからも知ってるんでね。
「(長女に子供が)出来てるだろうな?一遍会いたいわ」って手紙が来てましたからね。
長女が「(子供は)元気に大きくなってるよ」とか、いろんなことを各自が5人の子供が書いて、私たち二人も書いて送ったんですね。

それは先ほども申し上げた高沢皓司さんという方がはじめて私どものところに訪ねて下さって、震災の年なんですけど、そのときに「その手紙は私が言付かりました」っておっしゃいました。
「私が平壌に行きまして、田宮さんの手までは渡してきましたよ」って。
田宮さんていうのはよど号乗っ取りのリーダーですね。
「この方までは渡してきましたよ」って。
「そこから先、娘さんの手に入ったかどうかは分かりませんけども、ともかく田宮さんまでは私届けてきました」っておっしゃいました。
そのときに田宮さんは「よど号の私たちの手で、20人くらいはこの国に連れて入ってる。これは私たちがここにおる間に絶対に日本の国に帰すようにせなならん」って田宮さんが言うてるてことは聞いております。
それから間無しに、田宮さんは心臓麻痺で亡くなりました。
私は粛清されたんじゃないかな?と今でも思ってますけどね。

本当にそんな辿りもって来たんですけども、本当に何の進展も無くて。
はじめて横田(めぐみ)さんが北朝鮮にいる言うことがわかりまして。
それも朝日放送の石高さんがたまたまソウルに行かれたとき、そういう情報をこちらに持って帰られて。
それをこちらで佐藤先生が新潟でお話なさったときに、そこで初めて「めぐみさんじゃないかな?」ということが分かって。
予算委員会のときでしたかね。
西村先生が国会の場でめぐみさんのことをおっしゃって。

それで横田さんもおっしゃってました。
はじめてお会いしたときに、「今年で19年目にしてやっと、めぐみのいるところが分かったんですよ」っておっしゃいました。
「だけどね、19年間めぐみが北朝鮮のあんな国でも元気で暮らしているゆうことが分かったんですけど、私らが表に出ることによってめぐみにもしものことがあったらどうしよう?と、かなり悩みました」とおっしゃいました。
同じです。
私らもかなり悩みました。
本当に、初めて新聞に出るいうときは本当に夜眠れませんでした。
どうなるかしら?と思いましたけど、同じ思いで横田さんも思い切って表に出てくれたんですね。

それによって初めて1997年ですね、3月に家族会が出来たんです。
初めて運動始めましたらね。
外務省に行きましたらね、当時局長さんが会ってくれました。
私らが行ってるときは「なんとかもうちょっと上に人にお目にかかれませんか?」とお願いしても、課長どまりでね。
「私で辛抱してくださいって言うんです。
数の力って本当に大きなものだな、ってつくづく思いました。

今も問題は前に進んでませんけれども家族会が出来て、やっと2002年9月17日、5人の方が帰って来られて。
だからそういう経緯で、家族会の方とお目にかかるんですけども、そんなにゆっくり話す間も無かったんですけども。
「家族」って言う本を出しましたね。
あのことによってずっと読ましていただいて、はじめて「皆さん同じ思いで長いこと暮らしてきたんだなぁ」とつくづく思いました。
今から先どうなるか不安ですけどもね。
やはり、必死の思いで私は助けを求めてきたんだろうと思いますから、出来る限りのことはせないかんと思うてますし。
家族会でも横田さんも一所懸命、毎日のように北から南からずっと全国走り回って、訴え続けておられますのでね。
だから私どもも今訴え続けるより他に道が無いんです。

これを本当に外務省の方々が、交渉に当たる方がしっかりと受け止めていただいてね。
日本の国のことなんですからね。
特定失踪者の人も、やはり400人からの方が言って来られてる。
この方も同じ思いなんですよね。
だからその、分かりませんものね。
本当にそうなのかどうなのか?言う、証拠が無いもんですから、動くに動かれなかったんですけども。
長い間みな同じ思いで暮らしておられたと思うんです。

全員の方が帰って来ないと、私はいつもそう思ってますけども。
解決しないです。
拉致問題の解決と言うことは、やはり全員が全部日本人なんですからね。
この方たち全部が日本の国の土を踏まないと、解決しないと思っております。
これからも皆と力を合わせて、家族会の皆さんと力を合わせて一所懸命頑張っていこうと思いますので、皆様方もどうぞ、これを最後まで、とにかく立ち消えになってしまったら困りますので。
皆様関心を持ち続けていただいて。

一緒に、国のためなんですから、日本の国がおかしくなってるなとずっと思ってましたけれども。
若い人たちがたくさん連れて行かれて犠牲になってますけども。
この人たちの拉致問題があったことによって、日本の国が国民の皆様方が日本をきちっと見直してくださって、それでこれではいかんと言うことで私たちに応援してくださっています。
道を歩いていても何人かの方が必ず声をかけてくださって、「頑張ってくださいよ」「私たちもずっと関心を持って見てますからね」と、それが一番の励みになっています。
親なんだから、絶対に最後までこれをやらなければいけないと思っております。
どうぞ皆様よろしくお願いいたします。(拍手)

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(3)

 有本明弘さんのお話 1

皆さんこんばんは。
恵子の父親の有本明弘です。
よろしくお願いします。
ま、家内が言ったとおりの方法で私たちはやってきました。
その中でこの拉致の問題は、一番先に日本の国で国民の皆さんに広まった、分かってきたのが今度のこの子供が北海道の実家に手紙を送ってきたのが、88年の9月なんです。
88年の2月かな?
くらいには共産党は国会で質問してるんです。
(隣の西岡氏より「3月です」の声)
3月か?
そういういきさつもあって、私らの問題も国会へ持って行った。
この時点で政府は拉致されているということは、もうハッキリと分かってるんですよ。
で、それの2年後、その手紙を持っていった明くる年に竹下さんが北朝鮮に対して「前提条件をつけずに話し合う用意がある」と、その一言唐突にしゃべった。
有本明弘さん  腕組みする西岡力さん

そのときには手紙持っていたところが安倍晋三さんのところやったから、その秘書の飯塚さん言う人とね、その人と話をした。
ちょっと国は動いてくれるのとちゃうか?と。
そういうやり取りをしました、当時はね。

そしてそれから北朝鮮へ行くと言うような政治家が2~3人名乗りを上げました。
その結果、最終的に残ったのが当時の金丸さんです。
1990年の9月に金丸さんが行くようになったんです。
だから私らはこのときは当然手紙が来てるし。
1年2年前には国会で質問して、政府と共産党の橋本さんとやり取りしてる。
そういう状況をあんのやから、当然外務省と同行する自社、田辺さんと自民党は石井さん、この人が外務省も何べんか折衝を持ってるんです。
当時の新聞にはそういうふうに出てるんです。

だから、当然私は先遣団でむこうに行った議員団は、当然この問題を提起して、あんたとこはこれをどないするんや?と言う折衝は当然やって来るんもんやと思ってた。
当然やらなおかしいんです。
これやってないんです。
だから僕はこれはおかしいやないかと。
スタート時点からおかしいと、追及するんですが。
当然でしょ?

そういうことが全然メディアの情報に載らんのですよ、これ。
取材しとって分かっとるんやからね?もう。
全然載ってないですよ?
もう、僕らは悔しかった。
当然そのときに、先遣団だった議員団が「過去の償いをしましょ」って海部さんの親書まで持っていったんですよ?
でもそれだけでこの拉致の問題は一言も触れずに帰ってきた。
だから今家内が言ったように9月に行った訪朝の、その12月の年末に、警察がこれはマスコミにリークしたと。
僕はそういうふうに解釈してるんです。

だからマスコミが私どものほうへ来るようになった。
裏事情は分かってるからね、私も。
こんな外交しとるから、警察が出てきたな、と。
だから、こっちも腹が決まってるから、もう(名前を)出してもええという判断を決めた。
その前にも何かのときに協力してくれと、毎日の記者とかなり話をして状況も説明しておった。
別にしとこうということやから、私がどこに住んでどんな人間やということは言わなかった。
ただ状況だけを説明して、ここら辺の話になっとると。

文春が来て上がりこんで帰りひん。
そういう事態になってきた時点で毎日の記者に言うて、実はこういう状況になっとるさかいに。
もう本当にしゃあないからうちに呼んで、そんで事情を説明して、そしたらこの毎日が先にば~んとスクープを出した。
産経さんが一日遅れて付いて、かなり大きな一面トップで出した。
それが今家内が言ったように遠藤というのが出てきて、記者会見を抑えてしまった。
そうした中で私たちは、その遠藤が「ふた月くらい待ってくれたら、必ずいい結果を持ってきます」と言うことを言いよったけども、その人はぜんぜん約束を守れなかった。

そういう時点で北海道のほうの拉致したよど号の嫁さんと二人で写ってる写真があるんですね。
それがまた文春からば~っと出てきた。
だから、そういう新しい情報が出てきたから、もう一回記者会見したいので協力して欲しいとNHKにお願いしたんです。
そしたら一回出たもんはもうニュース性が無いから協力でけんと、ば~んと引いてしもうた。
そりゃあ、そんときは腹立つよ。
人間やから。

遠藤とは、そのときにはNHKの神戸の記者・東京の記者、立会いの下に遠藤がどういうこと言うとうか聞いてるのよ?
それでも引いてしまった。
その裏事情は、分からん。
そうして、この問題がもうマスコミが受け付けない、政治家も受け付けない。
それで県なんかへ行ったら、言うて来てくれという部署があります。
そういうとこ行ったって、国のことに関して私らどないもできません、とそんな話。
そういう話、持っていくところがなくて、最終的に共産党いったら、皆嫌いやないですか?誰でもね。(会場笑い声、しかし明弘さん笑わず。会場から笑い声が上がっても明弘さんはお話の最後まで一度も笑わず)

でもそこまで行った、その橋本さんと言う人のところへね。
すでに質問してるんやから。
議事録を後から持ってきてくれて、その議事録を持って行った。
1人だけ行ったんじゃ、これは相手にされないと思うたから、そんなやからブンヤさんもたくさん知ってる。
だからそのときは毎日新聞と産経さんと共同さんか。
この3社の人、3人に一緒に付いてってもうて、共産党の事務所行って議事録も見せてこんなこと質問してると。

田口八重子さんの件も共産党のやつは質問しとるのよ。
当時は該当者もおらんというので、ずっとそのままになってたけど。
ある時点で警察は田口八重子さんのことだと、韓国へ行って実際に国内に親族がおると言うことも。
韓国へ行って金賢姫にこの人やというふうに、写真見せてそれから選ばせて、この人だと国内で実在を発表した。
これもなぜやったか?
これも裏事情いうたらこの遠藤がでて記者会見をばっと抑えてしまった。
私の敗因だったからね。

それからえ~と、半年経ったか経たんかでしょ?
田口八重子さんのことが明らかにしたのは。
なぜやったか?
私らにしたら、裏事情分かっとるから、遠藤が私らの拉致の問題抑えた。
だから黙っとるしかない問題を警察が新たにぼ~んと出してきた。
裏事情を推察したら、あ、やったな?と。
何でそう思ったか?言うと、警察もそりゃ何だわ、ずっとわしらに付きっ切りや。
情報収集するからね。
そんなんで拉致の問題を伏せて、あの人等は外交しようとしたんでしょ?そうでしょ?

警察は私らの問題を出してきた。
それを抑えるもんがおったからね。
だから田口八重子さんのもんを出してきた。
これは出してきたもんは警察や言うことは丸分かりだからね、状況から見て。
さすがにこれにはよう手をかけなかった。
そしたら向こうの方からこんなこと言うならやめてやる、とむこうから交渉を打ち切った。
新聞で見たらそうなってると思う。

そのときに私は外務省へ行った。
田口八重子さんのことは出た時点で。
そしたら外務省は外交は田口八重子さんのことで向こうに物言うていきよった。
ほかの事言わんとね。
僕としたら、これはおかしいやないか?国としてはね。
そやから行って「そりゃあんたとこ、これ田口八重子さんのことだけ物言うのはおかしいやないか?」と。
そういうことから始まった。
けんか腰みたいなもんよ、腹ではね。
言葉ではそこそこ物言いよるけどね。

そやから、警察がここまで踏み込んだ以上は、あんたとこはすべての人を名簿を出せとか、それかすぐ帰せとかそれしかないやろと、言ったんです。
当然でしょ?これは、人間として。
そしたら遠藤いうのが一週間も経たんうちに電話がかかってきよった。
「前にいうとった話は生きとるさかいに、まぁ黙っとっててくれ、すぐにそちらへ行きますから」と。
そういうような調子。
拉致というものに関しては裏でいろんな人間がうごめいて、問題を抑えよう抑えようとしていた。
恐ろしい話。

そういう事情で私はこの問題に関しては戦後の60年間の間に、朝鮮総連。
これが日本の国の政治に食い込んできて、どうしようも無いような状況になっとる。
それも分かってきた。
政治家が、拉致の問題を取り上げないのよ。
もう朝鮮総連の影響としか考えられないのよ。
だからそういうことも分かっとったから、え~っと中山さん。
前の拉致議連の会長の中山さん。
これと一番最初に拉致議連の会長になったとき会うた。
だからそのとき言うた。
僕ひとりじゃなくて、中山さんの親戚同士の付き合いしてると言う支援の人ね、それと大阪の救う会の人と、4ったりで会うた。
私らはそういう思いがあるから、その席で朝鮮総連の人はおかしいと。
それの影響下で政治家はおかしいなっとると言うたら、あの先生どう言うたかと言うと。
あれ、ふたりとも嫁さんみな朝鮮人やねと。
それはじめて聞くことや。
在日の人やと。
中山さんからそういうふうに聞いた。
そこまで言う人やから、ま、これは間違いないやろと、やるんじゃないかと。
これは期待を持った。
でも2~3遍会うたら、あの人も変わってしまった。

この問題に関しては、どういうルートでそうなるのか分からんけども、まぁ朝鮮総連の力というのは、素晴らしい時代なもんよ。(笑い声)
そうでしょ?
これちょっと話が飛ぶけど、今現在、小泉さんかてこれ怪しいよ?(笑い)
皆さんそう思わない?(拍手)
山崎さん、平沢さん、これ秘密外交にポンと出したのよ?
これバレてもうてマスコミに。

だから僕らは拉致議連の総会に呼ばれて、平沼さんあたりに家族としての意見を言うてくれと言われた。
だから言うた。
そんな秘密外交がバレた以上はこれは白紙に戻すべきだと。
でまあ、平沼さんもその意見も、筋やからね。
で、声明も書いた。
5人の子供連れに行くだけやったら総理が行くべきもんではない、と。
適当な人が行けばいいと。
適当な人がおらなければ私が行きましょうと、そこまで声明文書きよった、出してくれたんや。
そして小泉さんに会うてくれて言うたって、15分しか会わない。
平沼さんは講演でようそういうことも言うてた。

そんな人なのよ、小泉さんは。
誰の話も耳貸さんのよ。(笑い声)
おとろしいよ。(う~んとうなずく声)
・・・(聞き取れず)さんあたりもつんぼ桟敷よ。
行くときには外務省も全然つんぼ桟敷よ、一言も言うてないのよ?
誰が話いったか?
自分の秘書官、あれ飯島言う人と朝鮮総連の幹部と話をして北朝鮮行ったのよ?
これとんでもない話でしょうが?(拍手)

自民党総裁のすることとちゃうのよ?
これ、言っていいことか?
「自分の任期の間に2年間の間に国交正常化しやないか」と。
これどういうことや?きちがい沙汰や。(拍手)
これに対して自民党が物言わんのよ、これ。

行ったときは選挙あったでしょ?参議院選挙。
それを目指して、え~と平沢さんが帰ってきて、平沢メモ言うのがマスコミが持っとるのよ。
選挙のときそれが暴露された。
神戸の関西テレビのがね。
参議院選大勝利やと、子供連れて帰ってきたら。
そこまで思うとるのよ?・・・(聞き取れず)(笑い声)
そういうことも思ったけど、議連の総会やからそこまで言われへんがな。
野党の先生も仰山おるんやからね。
そやけど秘密外交がバレた以上はこれはもう白紙に戻すべきやと、当然の話でしょ?

でもそんな向こうも漏れとるんやから、この間の国会え~、原口言うたかな?
朝鮮外交を政治に利用したと、それぐらいしかしゃべれへん。
この野党が。
おかしいでしょ?
そこまで突っ込んでいって、な、小泉さん引き摺り下ろす、出来るのよ国民の目の前で。
あんたおかしいやろ、自民党総裁やろと。
アメリカと関係を重視するんだったらそういうこと出来へんやろ?と。
返す言葉が無いのよ?
でもやらんのよ、この野党が。(笑い声)

仰山むこうに、世の中いっぱいだめなのがあるのよ。
そういうことしか野党は・・・(聞き取れず)北朝鮮に金正日に迫らなならんでしょ。
そんなこと、有りへんがな。
日本の国の政治状況。
お粗末そのもの。

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(4)

でも国民の皆様はしっかりしてる。
この2年間ほどの、テレビ映像見て子供帰ってきた。
外務省の外交のやり方見て、もう国民の皆様は正当な判断下してる。
もう80%くらいの人が制裁をやってよろしいという、判断をしてくれてる。
誰がよう判断しないのか?(笑い声と拍手)
ハッキリしないでしょ?
だから私はこの人に一ヶ月でも二ヶ月でも出来るだけ早い時期に、政治の世界から去ってもらう。(笑い声と大きな拍手)
これが誰が言うんや?という今そういう関心でもって見てるんです。
でもやるなら、自民党が選んだ人やからね。
選んだ人たちが降ろすのが筋やろ、と思うてるんやけどね。(拍手)
そこまでの勇気がないんです。

それでもこの問題が国として国民の生命の安全と言うのは、国の一番重要な問題で。
また政治家としても政治の目的とは何か?
地域の人の利害を訴える。
それもひとつあるかも知れんけど、政治家と言うものは、国家と言うものに対しての国民の生命の安全、これが一番の重大な事項なんです。(拍手)
これは第一義に政治の目的としてあげないかん。
これに対して日本の政治家は全然無関心と言うてもいいくらい。
政党もね。
日本の国の政党は全部お払い箱にして更地にして(笑い声と拍手)、大阪で西村先生と懇親会のときに一杯になって越境しようって言われたんや。
有本さん、あんた最右翼やでと。(笑い声)
あの西村先生にこないに言われたんです。

でもそうなんですよ。
拉致の問題に関わってる人は、党派を抜けて皆入ってきてくれてる。
共産党・社会党はよう来いひんけどもね。(笑い声)
だからそういう中で日本の国を変えていかなければならない。
ということは、おかしいことはおかしいと、言う者がおらな改革できない。(拍手)
もっと自由にやらなかったら、私は報道の自由をあてがわれている、名誉な仕事だと常々言ってるんです。
このおかしい状況が出来たのは政治かも悪いけれど、マスコミが一番悪いと。(ひときわ大きな拍手、「そうだ!の声)
いまだにそれが続いている。
ついこの間ありましたでしょ?
安倍さんがしゃべってる、あの通りなんですよ。
それをこの拉致の問題のシンボルに標的にして、朝日がば~んと攻撃かけてきた。
これは安倍さんだけでなくて、西村慎吾いうのも防衛政務次官のときにちょっと勇ましいことを言うた。(笑い声)
そしたら朝日が一発ば~っと来られてしもうた。
もうひとつ、あれはなんやったかな?
ここだけの話や~!って言うてしゃべった大臣がおる。
それがまた朝日にぱっとやられてやで。
ここだけの話やで~って言うてるのにやられてもうて(笑い声)
それが今の日本の国の十何年くらいの流れの中の、もう名前が分からんけど2~3人首が飛んだ人がおります。

そういうような流れの中でず~っと日本の国を操った。
いまここでそんなことをしとる間がないんですよ、日本の国は。
ひとつに団結せなあかん。
野党も与党も、国民も、マスコミも。
これが全然出来てないんです。
いまやっと国民だけは正直に気が付いて、制裁せいと言うてる。
マスコミはどうか?
そういうマスコミがおって、拉致の問題に一番熱心にやってる人に攻撃かけてきた。
これは恐ろしいことなんですよ?よく考えてみたら。
こんなん、許せる?(拍手)

彼らがどう言うか?
放送法を大上段に振り上げてくるのよ。
これに弱いのよ、政治家が。
絶対にようこれに逆らわない。
これがものすごう強みになる。
だから安倍さんも、朝日新聞にかなり攻撃してるけどね。
5へんも6っぺんも、まぁ文句あるか反吐でもないわ。(笑い)

僕が言いたいのは、私らが小泉さんが帰ってきた時点で私ら小泉さんに面会して、それぞれが思い思いのことを小泉さんにぶつけたのよ。
そのときにマスコミが我々のことを放映したらしい。
私らは現場におったから、どんなことを放映したか知らんのよ。
帰ってきたら、全然。
家族会が小泉さんに噛み付いたって事をいいよった。
それに対して帰った時点で、彼は「官邸サイドから最後まで撮れと指示があった」と、そういう情報が私たちに入ってきた。
神戸に帰った時点でね。

ホントよ。
2~3日置いて、関西の記者が取材に来よった。
これ、いろいろ話しよったよ?
その関西の記者もそういう話知ってるのよ、関西の記者ね。
だから言うのよ。
そんだけ分かっておったら、あんたらなんで大きくこれを報道せぇへんのや?と。
三社来て三社とも知っておったのよ?
当然でしょ?そんだけ分かっておったらなんで言わへんのや?と。
来るのは皆社会部の人が来よった、取材にね。
「いや政治部の人だからね、私らようとやかく言わへんのや」って、そういう弁解の仕方や。
だからそしたら政治部の官邸記者クラブ。
これが一番おかしいでしょ?
報道の自由を振りかざす限りは、自分たちも報道の倫理を弁えなければ、放送法云々とは言われない。(拍手)
一方的なのよ。
だから、今日は一番言いたいのは官邸の記者クラブ。
これがおかしいのよ。
これ官邸の記者クラブゆうのは朝日新聞は入ってるし、大手は全部入ってるはずなのよ。
これが皆ひとつの談合になって、真実をしゃべってるメディア、ひとつもないのよ。
だから、安倍さんが攻撃されてる。
攻撃するんだったら、あんたら自分らの権利を全うしてるのか?
してないでしょ?これは、誰が考えても。
これは誰が制裁したらいいのよ?(笑い声)

NHKは皆さん制裁できるのよ。(笑い声)
金払わん、言うて。(笑い声)
新聞は(「買わない!」の声)朝日新聞取っとう人は、あるいは朝日新聞取らないと。
それしかないのよ。
だから、NHKを我々の国民のほんまの報道機関として更生させたら、ここは政治家のおかしいとこポンポン突けるわけよ。
政治家は絶対おかしなこと出来ない。

皆政治のおかしいこと、皆隠蔽してきた。
これはやはり力が働いているはずなのよ。
マスコミ言うたら仰山あんのやからね。
思い思い問題に関しては、表現する温度差はそれぞれの特徴があって違いますけども、よう聞かなならんことは言うはずなのよ。
でも肝心なことは国民の前に広げない。
これを正さなければ、日本の国のおかしな状況。
ハッキリ言えば今も言ったように、日本国中ひとつの思いのひとつの旗の下に集まらないかんのよ。
それが出来てないのよ。

この拉致の問題制裁せいと言うたら、制裁しても効果が上がらへんとかどうのこうの、ね。
結果が効くかどうか分からへんとか、そういうやつが出てくるのよ。
今そういうやつが一番テレビに出るのよ。
ぱっと反論して、その場で物言うやつ出て来てないのよ。
そんなもん、制裁効果云々ちゃうのよ。
国としてやらなければならんことは効果があるなしに関わらず、やるしかないのよ。(拍手)
小泉やる気あるのか手ごたえが無い。
でも小泉は絶対やらないよ。
もう行って約束してるからね金正日と、ね、制裁しないと。

だから総理大臣やからね、一国の。
言葉翻す、こんなことはみっともなくて出来ない。
もう、ハッキリ言うて辞めてもらうしかない。(拍手)
この小泉さんは郵政やのうて、この朝鮮外交で辞任してもらう。
これが一番いいのよ。(拍手)
なぜか言うとね。
自分らの仲間内の人の言うことを振り切って、自分の思うたとおりのことをやったのよ。
だから総理大臣言うのは何でも出来るのよ。
法律にこだわらない。
やれることは何でもやるんだ。

だけど、結果が悪ければ、それに対しては政治責任というのが付いて回るのよ。(拍手)
今結果が悪いでしょ? (拍手)
政治責任とらなあかんのよ。
そういう声が日本の国から上がらん言うのがおかしいのよ。
それは国民一人ひとりは皆そない思うてるよ。
でもメディアがしっかりしてくれな!
小泉駄目なのよ!
だからメディアがしっかりしてくれたら、良くなると。

今も言ったように十数年間の姿見てきたら、悪いやつばっかりや。(笑い声)
一番悪いのはメディアやと。(拍手)
メディアはしっかしなあかんと。
そういうことを私はずっと言ってる。
だから外務省の偉い人とも、帰ってきた人とね、皆会うた。
それでいっぺんお話した。
国民の大多数の人は経済制裁せよと言ってる。
日本の多くが口をそろえて、小泉さんの朝鮮外交の口をそろえて変えてもらわなあかん。
経済制裁せよと言ってる人たちは、小泉やめろと一夜にしてこの声に変わるんですよと、外務省の人に俺言いました。
物を言えるところでは、恐れることなく物を言っております。
以上です。(拍手)

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(5)

西岡力副会長のお話1
 
ちょっと風邪をひいてますのでお聞き苦しいところがありますがご了承ください。
今のお話を聞きながらいろいろ思い出していたんですけど。
実は私はいろいろな所で書いたりしゃべったりしてまして。
97年の3月の家族会結成までは、日本は国家として、そしてマスコミも国民も拉致被害者北に囚われてきた人とその家族を見捨てて来たと思うんですけども。
97年の3月に至るまでの過程で、大きく2段階があったんだなと、今も思い出しながら頭を整理してたんですけど。

77年から78年に拉致が多発する訳ですね。
めぐみさんの事件は77年で、78年には蓮池さんたちや曽我さんがやられていく訳ですけども。
それ以前にどれくらいのものがあったのかということが、まだ分からないので私の分析は今かなり明らかになってる物だけの分析なんです。
これはまたその枠組みが大きく変わるかも知れないんですけど、その前提でお聞きいただきたいんですけども。

77、78年くらいに多発して発生したわけです。
日本政府が認定しているものもそこが多いわけです。
10年間は何もしなかったわけです。
日本政府は今認定できてる77年78年の拉致については、事件直後から拉致であることを知っていたんです。
だから認定できてるんです。
後になってから証拠が出て来たんじゃなくて、当初から拉致であることについて分かっていたから、認定できてるんです。
分かってなかった拉致もあるんです。
それはもっともっと時間が経てば証拠が出てこないですから、認定は難しいですね。

具体的にいうと電波です。
工作船が来てるとき電波を出してるわけです。
暗号がかかってるんですけども、この電波帯を日本は掴んでいたわけです。
電波が日本海を飛び交えば北朝鮮から船が来てる。
何ヶ所かで傍受しますと、場所が分かるわけです。
来てるというと、警戒をするわけです。
警備警報と言いまして、警察がコリアンボート警報というのをかけるわけです。
1978年の8月には何回もコリアンボート警報というのがかかっていたんです。

警察庁の中でその電波を傍受していた実務責任者の幹部が、2002年の年末にある大手の新聞のインタビューに答えて、「当時私は徹夜で家に帰らなくて泊り込みで仕事をしていた」と。
そして福井沖に来てると。
工作船が来てると言って警戒していると、福井県警からおかしなアベック失踪事件が起きたという報告が上がったと。
その後新潟沖に来てると。
分かって警戒していたらば、またおかしなアベック失踪事件が起きたと報告が上がってると。
そしてその次に鹿児島から来たと。
北朝鮮による拉致だと報告書を書いたと。
その時点ですね。
と言うことをある大手の新聞にしゃべっているんです。
もう辞めてらっしゃる方ですけども。

私はそのことに付いて関心がありましたのでいろいろ調べたんですが。
その記事には無いんですけども、その報告書は警察庁の長官まで読んでた。
その上の政治家まで読んでたかどうかは分からないですけども。
それから富山で未遂事件があったんです。
曽我さんの事件についてまでは分かってたのかどうか分かりません。
その時に分かってたのかどうか、分かりません。
その人の証言には出てきてないです。

ただ、3組6人の失踪事件と1件の拉致未遂事件については、発生時から北朝鮮によるものだと言うふうに、警察のごく少数の幹部たちは知ってたんです。
そして79年の初めに東京で会議が開かれるんです。
そこには鹿児島県警、富山県警、福井県警、新潟県警からも来るんです。
これをどう処理するか?と言うことになるわけです。
公開しないことが決められるんです。(「え~?」と言うささやき声)
その目的は何なのか?と言うことについていろいろ議論があったそうです。
当時は日本人になりすますための身分を取得するためじゃないか?と思われていたんで。 
戸籍が謄本が取られることがないか?チェックしろと言うことになったんですね。
多分そのことを知ってた何人かの内の誰かが、産経新聞にリークしたんだと思います。
80年の1月に産経新聞が書くわけです。

ですから蓮池さんたち、地村さんたち、増元さんたちの拉致については最初から分かっていたんです。
分かっていたけれど会議をして公にしないと決めたんです。
田口さんのことについてはちょっと分からないですね。
曽我さんのことについても分からない。
めぐみさんのことについてはどうも電波情報があったらしい、と。
でもあまりにも子供なので、と、いうことだったか?のようです。
でもこれは分かりません。
まだ情報が少なすぎて断定的なことはまだ言えません。

しかし少なくとも、あの6人についてと、久米さんについては分かってたんです。
現場で犯人捕まえたですからね。
富山の未遂事件が起きて、海岸でメチャクチャやるような拉致は少なくなったですね。
そのあともちろん、原さん型の国内にいる協力者がおびき出してやる拉致が始まった。
それから日本人に日本人が拉致される、と言うものが今度80年から始まるんです。
今お話があったように海外で日本人に日本人が拉致されるという、犯人のリーダーが20人って言ってるわけですね。
あと17人についてはまだ分からないんです。

海外でいなくなった場合は、家族も特定失踪者のところに訴えようとはなかなか思わないですねよね?
どんな事故があるかわからないですから。
多分有本さんのところも手紙が来てなければですね。
(嘉代子さんの声で「そうですね」)荒木さんのところに。
うちは留学してたんだからということに多分なってたと思うんですね。
手紙が来なかったら、(明弘さんの声で「これは分かってない」)海外からの拉致ということは全く分からないまま、今も私たちは拉致のことを分かっていても、よど号のグループが拉致をしていたということを全く分からないまま終わってたと思うんですね。

これは本人たちも必死で。
つまり日本政府も誰も分かってなかった拉致を、本人たちが必死で手紙を書いてくれたから。
3人のことだけじゃなくて実は後17人の人たちについても、こういう人たちがいるんだという情報を出してくれた訳ですね。
88年の8月に手紙が来たんですね。
この87~8年というのは拉致が多発してから10年経つわけです。
この10年間、皆分かってても見捨ててたわけです。
分かってても見捨てていたし、分かってなかった部分もあったんです。

実は10年経って87年に寺越さんから手紙が来るわけです。
(明弘さんの声で「寺越さんと北海道のこの子だけ、手紙が来たの」)
そして88年に石岡さんのところに手紙が来るわけです。
これで確実に北にいるという証拠を日本政府が握ったわけですね。
そしてもうひとつ、大韓航空機爆破事件が起こるわけです。
これは87年の11月ですね。
金賢姫が生き残って、拉致の目的が日本人になりすます身分をとるだけはなくて、なりすます工作員の日本人化教育の教師を確保するためだということを、その秘密が明らかになるわけです。
それが88年の1月です。
日本側が77、78年に拉致をされたことが分かってたけど目的が分からなかったんですけど、それが分かるわけですね。

そこで警察署は態度を変えます。
警察はそれまでは秘密にするという方針を決めたわけですね。
それはなぜ決めたのかについては今後検証しなくちゃいけないんですけど。
我々が専門家としていろいろ分析したりして、今の段階で考えているのは当時の世論と国会です。
当時の世論は韓国について非情に厳しくて北朝鮮に対して大変甘かった。
北朝鮮の工作員が日本に侵入して日本人を拉致していると言うと、韓国のKCIのでっち上げだろうと。
皆が思った。
裁判をするんだったらば、そういう世論の中で裁判をするんであれば、証拠を全部出さなければならない。
無線を傍受しているということも明らかにしなければならない。
彼らの電波帯を掴んでるという事実も当然言わなければならない。
そうすれば彼らは電波帯変えてきますから。
 
久米さん事件では一部暗号の解読が出来たんです。
暗号解読が出来たということを言ってしまうと、当然向こうは変えてくる。
そしてもうひとつ、無線を傍受していること事態を秘密にしていたわけですけども。
傍受をしているということを公にすれば当然、野党当時社会党が3分の1くらい占めていた国会やマスコミの中で、なんで警察が傍受するんだという議論になる。
どこで傍受してるんだ?
傍受している基地の場所が明らかになるということは大変今後の傍受活動が難しくなるわけです。
スパイ防止法が無い中で、北朝鮮の工作船が領海内に侵入して来て工作員を挙げているという現実の中でどうやって戦うのか?とするときに、傍受が出来てるということは大変な武器だった訳ですけども。
それを明らかにしなくちゃいけないと言うこととの、プラス・マイナスを考えたんだと思いますけども。
その判断が正しかったかどうかは今から考えれば、その結果救える人を見捨ててたんじゃないかと言えると思いますけども。

しかし警察は分かっていたんですから。
大韓機爆破事件が起きたので、ここで明らかにしなければ駄目だろうと。
そしてもうひとつ実はヨーロッパルートでも、手紙が来たのが88年ですけども。
先ほどコペンハーゲンの空港の写真の話がありましたですね。
あの写真は83年に撮られていた写真でしたね?
あの写真がいつ日本の警察の手に入ったのか?という問題があります。
(嘉代子さんの声「私が見せてもらったのは1995年の5月ごろだったと思います」)
私は88年には写真は日本の警察の手に入っただろうなと思ってます。
根拠はですね。
情報機関同士で、つまりあの写真を撮ったのは日本の情報機関じゃないんですね?
西側のどこかの情報機関がキム・ユウチョルを追ってたんです。
そしたらば、東洋人の女性とたくさん写ってるわけです。
で、その情報から、よど号の妻たちがヨーロッパで活動してると、いうことが分かるわけです。
そしてよど号の妻たちの旅券返還命令が出るのが88年の5月です。

そのときと一緒に、だから有本さんも実はよど号の妻なんじゃないか?と最初照会が出たんですね。
で黒田や森なんかが一緒に写ってる写真もあるわけです。
キム・ユウチョルとね。
彼女たちの旅券返還命令の根拠は、北朝鮮の工作員と一緒に行動しているから、日本の国益に反するということなんです。
だから恵子さんについても、これは日本の過激派じゃないですか?という最初は問い合わせだったんです。
それはなぜそんなことが起きたのかというと、ソウルオリンピックを守れという国際包囲網があったんです。

88年の9月にソウルオリンピックが開かれたんです。
それにはソ連も中国も参加したんです。
邪魔をするのは平壌だけだった。
世界中の情報機関が北朝鮮のテロに対して網を張ってたんです。
それでも大韓機爆破事件は起きたんです。
具体的なことは聞かないですけど、韓国のある辞めた公務員の人が、数年前に自分が辞めてから大分時間が経つからもう時効だからといって教えてくれたんですが。

当時日本の警察は大変な能力があると思ったと。
日本の警察のおかげでソウルオリンピックは無事に出来たんだと。
内部で話してたんですよと。
日本の警察もソウルオリンピックに対するテロを防ぐ活動をずいぶんやったわけです。
そういう情報交換の中で、つまりよど号の妻たちも日本の警察は最初分かってなかったんです。
結婚してるということは秘密にされてたわけですけども。
しかし、写真からこれは誰だ?って、出入国記録が出てきますからね。

そしてもうひとつ88年にソウルオリンピックの数ヶ月前に、新宿でよど号の犯人の柴田が捕まるんです。
戻って来てたんですね。
その妻の八尾恵が横須賀で捕まるのも88年です。
あれなんか私文書偽造罪で捕まえるわけですね。
アパート借りるときに本名書かなかったと。(笑い)
本当はスパイ防止法があればスパイ罪で捕まえるべきなんですね。
あるいは私は外患罪で捕まえるべきだと思ってますが。
自衛隊の中に北朝鮮のスパイを入れようとして、横須賀で自衛隊の防衛大学の学生を相手にスナックをやってたわけですから。

外患罪だと思うんですけど。
今でも刑法に外患罪があるんですから外患罪で捕まえるべきだと思うんですけど。
なんですか、私文書偽造罪とかそういうものでやって。
警察が悔しいからスパイだとちょっとリークして、新聞がスパイだと書いたんですね。
そしたらば彼女が名誉毀損だと新聞社全部を訴えて、新聞社全部負けたんです。
裁判負けました。
スパイだったんですけど、証拠が無ければ負けるんですよ。
そこでですね88年のころに、八尾・・・本当だったら八尾がそこでしゃべってれば、手紙が来て八尾がしゃべってくれれば、ヨーロッパの事件はそこで一気呵成に片付いたはずなんですよね。
(明弘さん「早い時期に、この家族会出来て7年でしょ?もっともっと早い時点でな、今の状態が出来とったらな」)

ところが今度は警察が本気になって、1988年の3月の梶山答弁になるわけです。
大韓機爆破事件についての質問だったんですけど、大韓機爆破事件については金賢姫が自供したわけなんですけど、金賢姫は蓮池さんや地村さんを見たとは言ってないんですよね。
金賢姫が捕まったことと、蓮池さん事件や地村さん事件や増元さん事件は関係ないんですよ。
だけどもあそこで初めて北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚であるとの答弁が出てきたわけなんです。
それは以前から知ってたからです。
事件の発生のときから確実だと思っていたけど、出さないで置こうという決定があったんだけども、大韓機爆破事件で金賢姫が捕まって自供したことを契機として、内部で会議が開かれて多分方針が変わったんです。

で、梶山答弁が出たんです。
警察は本気になって大韓機事件でも公開捜査をして、金賢姫の証言も間違いないと最初から思ったんです。
だから似顔絵も全国に張り出すなんてこともやったんですね。
なぜそう言えたのか?と言うと、北は拉致をする国だと思ってたんです。
最初の1人が田口さんであれば、そう簡単じゃなかったと思いますよ?
金賢姫の言うことは本当かどうか検証しなければならなかった、ということになったと思うんですが。
特に日本の警察機関は韓国の情報機関好きじゃないんです。
1973年の金大中拉致事件がありますから。
大変仲が悪かったんです。

通常から協力関係があるか?というとそうじゃないんですね。
そういう中で大韓機爆破事件が起きたんですけども。
しかしそれは間違いが無いと思ったのは、増元さんたちの事件について決定的な証拠を握ってたから、もう一人(被害者が)増えたというだけなんです。
ところがその87年~8年で政府は決定的な証拠を全部握るんですけども、そして警察は表に出すんですね。
ところがマスコミがまずそれを報道しないんですね。
先ほどマスコミについておっしゃってましたけど、梶山答弁について朝日・毎日・読売3大紙は一行も書かなかったんです。
ファクト(事実・証拠・実説の意)ですから。
産経新聞も一段記事ですね、小さな。
日経も一段記事です。
あとは調べてないから分かりませんですね。

ニュース、テレビのほうは録画が無いので分かりません。
とにかく大騒ぎにならなかっただけは事実ですね。
本当はですね、国家公安委員長が「北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚である」と言ったんですから、北朝鮮って言ったんですからね。
第三国とか言わなかったんですから。
産経新聞だって98年には北朝鮮って書けなかったんですから。
「ある外国の情報機関か?」とか書いてたのに。
役所のほうが北朝鮮って言ったんですから、けしからんって思う立場でも問題にするべきだったんですね。

根拠があるのか?とか。
根拠が無くてやるなら、また在日朝鮮人がいじめに遭うじゃないか?とかね。
そういう言っても良い位に重大な答弁ですよ?
無視したんですね。
無かったことにされてしまった。
で、警察は相当焦ったんだと思います。
だから先ほどの多分90年の12月に(有本家に)マスコミが来たことも、お父さんの推測どおり警察によるリークじゃないか?って言うのは僕は正しいんじゃないかと思いますけども。
状況証拠からみてね、思いますね。

マスコミが報道しなかったことと、政治の中に逆の動きが起きたんです。
88年ソウルオリンピックが成功したあと、韓国が抱擁政策みたいのを取りましてね。
盧泰愚政権が日本とアメリカが北朝鮮と接触することを反対しないと言ったんですね。
それで竹下内閣が竹下総理が国会で、北朝鮮に対して謝罪する談話を出すんですね。
そして田辺さんが動いて金丸さんを連れて行くのが90年の9月です。
88年に警察が覚悟決めて拉致でやろうとしてマスコミに出なくて。
逆に89年から日朝国交正常化のほうに自民党政権も舵を切り始めるんです。
そして90年の、これは3月だと思うんですけども、もしかしたら月が違ってるかもしれませんけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(6)

西岡力副会長のお話 2

朝鮮総連の幹部に安という人がいるんですね。
副議長ですね。
北の最高人民会議の代議員、国会議員を当時やってた人です。
安商宅さんといって平壌に安商宅通りって言う通りがあるんですね。
50億円献金して彼の名前が付いちゃったんです。
50億円献金したといわれているんだけど、本当は値切って30億円だったとかいろんな説があるんです。(笑い声)
その50億円献金した年の所得税は日本では0円だと。
いわく付の人なんですが。

その人とその人の部下が田口さんが働いていたお店にしょっちゅう出入りしてて。
田口さんの拉致とも関係があるんじゃないか?と。
当時はまだ田口さんと分かってないですからね。
金賢姫が書いた似顔絵の人と似てる女性と一緒にいるところを目撃されたという証言があって、警視庁は家宅捜索令状を取ったんです。
(会場より「5月ですね」の声)
5月。
ところが大規模な家宅捜索になるのでなんか近くの県警からも動員したのかな?
かなりの大規模な体制で、北朝鮮側が反対するだろうと思ってたから、チームを組んでやろうとしてたら数日前に中止になったんです。
そのことについて警察の中にいた人がジャーナリストに金丸によって止められたと。
話してるんです。

そのことは文芸春秋が2003年の5月号に書いてます。
産経新聞も、いつだったかな?
ちょっと覚えてないですけど、その文芸春秋出た後書いてるんです。
2003年じゃない、98年に文芸春秋ですね。
98年の6月に衆議院の防衛委員会に有本さんたちと一緒に参考人で出たときに、名前入りでちゃんとこのことしゃべってます。
国会の議事録にこのこと書いてあります。
名誉毀損で訴えられてませんからね(笑い声)
僕は自信のあることしか言いませんので。
具体的に名前出せるのはちゃんと根拠ありますので。

ということがあったわけです。
つまり拉致を警察は87~88で完全に掴んで、明らかにしようという流れに出たんですけども、マスコミがビビッて報道しなかったと。
判断が出来なかったかもしれませんけどもね。
それまでの北朝鮮報道と全然違う流れですからね。
とにかく様子見で全然報道しなかった。
そしたらば自民党の一部が拉致を棚上げにして国交正常化をしようという、強烈な動きに出てきた。

というのが87年88年くらいなんですね。
その中に有本さんたちも巻き込まれちゃったわけですね。
ちょうど手紙が来たのが88年で、マスコミはまだ覚悟が決まらないと。
警察はやろうと思ったと。
しかし自民党と外務省は拉致を無視して国交正常化の方に行こうと思ったと。
だから警察は一生懸命話を聞いてくれたというのは、外務省が冷たかったというのはよく分かる。
そして安倍事務所は福田派ですからね。
金丸さんの竹下派がやろうとしてたことについて、全然巻き込まれてなかったというのもよく分かる話だと思います。

そして北朝鮮側も遠藤さんという人を使って。
この遠藤さんはですね。
私が聞いてるのは、金丸さんと直接の関係というより、本当に北朝鮮のエージェントで金日成の主席級と関係のある人と繋がりがあったと。
なんか遠藤さんが別のところで動いて、日本の大手の航空会社に北朝鮮の上空を通過する通過権をやるから、中国行くときそこ行くと近いんですってね。
その代わり、主席がもしもっていうような時に日本から医者を急遽連れて行くときに協力して欲しいとか。
そういう話が80年代にあったらしいですね。
その秘密交渉の一部に加担している人です。

遠藤はウニタ書店ていう左翼専門の、書店って言っても売る方です。
神田の方で。
売れなくなって本屋たたんで、重信たちのよど号の機関紙などを作ってた人です。
同じ赤軍つながりで田宮たちとしょちゅっう会ってたことも確かです。
その人を使って、向こうは向こうでやっと金丸という人まで北朝鮮は動かすまで工作したわけです。
ところが拉致が出てきたら大変なことになるので、遠藤さんを使ったという事だと思いますね。
(明弘さん「表の顔は見えとうけどな、裏にな、どんなのがおっとたか分からんけどおるのよ」)

この一番問題は外務省だと思うんですね。
お父さんが抗議に行ったら次の日に遠藤が出てくるって何でかな?と。(笑い声)
外務省と遠藤さんが何で繋がってるのかな?と言う事になりますよね?
(明弘さん「そりゃそうだ、部外者やからな遠藤は」)
そして外務省は静かにしてた方がいいですよって、言ってるわけですよ。
つまり北朝鮮っていう国は人を拉致しておいて、拉致されたと言って親が騒いだらば被害者に危害を加えるテロ国家だというふうに、もう90年の時点で外務省は分かってたということになるんですよ?
そのテロ国家と拉致を棚上げにして国交を正常化しようとしてるのか?と

テロ国家だと分かっているから、我々がテロリストと交渉します、と。
親は出なくていいですよと言って、1対1で返さないんだったらおまえら容赦しないぞと。
こちらは経済制裁だって出来るんだぞ、って言ってるんだったら、親は静かにしてくださいなら分かると思いますけども。
結局外務省も当時は政治家の言いなりになって、拉致を棚上げにして国交正常化をしようとしてたんだ。
これは間違いが無い。

じゃあその動きが何で止まったのか?ということですけども。
警察は必死で止めようとしていたのは間違いが無いです。
僕はある席で海部という元総理大臣と一緒になったことがあるんです。
2002年の春ですね。
拉致問題について私が講師で呼ばれて話をすることになってて、その前にお茶を飲んでたんですけど。
「私は拉致問題に詳しいんだ、」と言うんですね。
「何ですか?」って僕が膝を乗り出して話を聞いたら、実は自分が総理だったときに金丸訪朝があったと。
そのとき警察が自分のところに来て「総理、日朝関係を軽々に動かさないでください。拉致問題は深刻です」って言ったと、言うんですね。
もっと具体的な中身があったと思いますけど。
つまり88年梶山答弁をしたのに政府は全然動かなかったと。
逆に金丸訪朝の動きになっちゃったから。
総理直々に、拉致問題のブリーフィングに警察の幹部が来たわけです。
オープンにしていても世論も動かないしマスコミは報道しないし、政治家は逆の方向に行こうとしていると。
何とか止めようとしたわけですね。
だから私は詳しいんだと。
海部さんは言うんだけど、「だから海部さんあなたは何をやったのか?」ということなんですけども。(笑い声)

海部さんは金丸さんに自民党総裁として親書を渡してるんです。
(明弘さん「親書持っててるのや」)
さっきお父さんが言ったように、その親書には拉致のらの字も書いてないんです。
詳しいのに、詳しかったら書けよ!(笑い声)
(明弘さん「海部なんかもっとしゃべらにゃいかん。あれも総理大臣辞めても何もしゃべってないやないか。なぁ?おってもおらんでもええ人間なんや」)(拍手と笑い声)
当時は本当に危なかったんです。
あのまま91年から日朝国交正常化交渉が始まったんですね。
総理に言っても警察は止められない、マスコミも書かない。
週刊誌を使ってリークしたり写真の一部を週刊誌に出したりして、リークして書かせても世論が盛り上がらない。
ただお父さんと今回僕がひとつだけ違うのは、田口さんのことについては分かっててあの時点で出したんじゃなくて、あの時点でやっと分かったんです。
(明弘さん「そやろ」)
91年の5月にやっと分かったんです。
(明弘さん「いやちょっとそれ言わせてくれるか?」)
(明弘さんマイクを握って話し始める)
田口八重子さんの件でね。
まだ金丸さん逮捕されてないのよ、な。
で、わし警察があそこまで踏み込んでやったということに関してな、警察は皆情報網持っとるのよ。
あれやった人な、韓国まで行って捜査やった人な。
あれ大丈夫かと?
首が飛ぶんちゃうかと?
俺そこまで話したよ?
その人の身辺気遣こうて。
政治の力って恐ろしいよ?
首が飛ぶんじゃないか?と
それからしばらくして反対に金丸がこれになった。(両手を体の前でクロスさせ逮捕の仕草)
あの金丸がな。
それである程度警察信用してるのよ。(笑い声と拍手)

(西岡氏の話に戻る)
それはですね、それはもっと大きな力が多分働いたからだと思います。
金賢姫の証言は全部いっぺんにわっと出てきたわけではないんですね。
やっぱり彼女を安心しなくちゃいけないし、あと思い出し方があるわけです。
「ちとせ」ということなんか後で思い出したんです。
僕は最近その金賢姫という人の証言を取った人からだいたい話を聞いたんですけども。
取調べの調書を作った人じゃなかったんですね。
そうじゃない人が安心させながら、「女同士だからあの時どんな話をしたの?」とかね。
「一緒にお風呂に入ったんじゃないの?」とか。
「入ったとき体の特徴はどうだったとか、見なかったの?」 とかね。

なんかそういういろんな話をしながら安心感を与えて、それがいっぺんに日本政府に入ったんじゃなくて、飯塚家にいったんじゃなくて五月雨式に来てて、決定的だと思えるのが来た。
そして最後に一回だけ。
つまり警察は慎重ですから。
どこかで報道されたことが彼女の口から出ても駄目なんです。
どこにも報道されていないことが彼女から出なくちゃいけない。
当然飯塚さんが表に出なかったというのは良かったわけで、田口さんの写真は出てなかったんです。
田口さんの写真か?というのが一度テレビなんかで出ちゃってて、それを2番目に警察が持っていって、(金賢姫が)これだと言ったら。
彼女がテレビを見てて「ああこれかもしれない」と言ったんじゃ駄目で。
一度も公開されていない田口さんの写真と他に何枚かの別の写真とを持って行ったんですね。
で、これだと選んだんで、これは間違いがないと。
いうやり方をしてたんですね。

91年の5月に取れたのは実はカツカツだったんですね。
91年の5月には第3回の日朝国交正常化交渉が開かれたんですね。
1回目と2回目ってのは平壌と東京でやるもんで、お互いが暗号が使えないですからね。
大使館がないですからね。
見合うだけですからね。
3回目の北京からが本番だったんです。
そこに間に合ったんです。
田口さんの捜査が。
その直前に(警察が)記者会見をしたんです。

で、漏れ聞くところによると、金丸事務所が大変強く圧力をかけたと。
外務省も圧力をかけたと、言う報道があります。
裏は取れてないですけど。
でどっかの週刊誌が書いてましたけど、「あんなキャバレーの女1人がなんだ」と金丸が言ったと。
警察の幹部呼びつけてという話があります。
当時の金丸事務所がどういう事務所だったかというと、核問題で西側の情報機関の人が頭を抱えているわけです。
日本政府に説明しなくちゃいけない。
日本政府の実力者は金丸事務所だと。
金丸事務所に核の情報を説明に行くと、FAXで平壌に流れちゃう、と。(笑い声)
これは私が西側の情報機関の人間に直接当時聞いていたんですから。

そういう事務所だったんです。
それが日本の警察に頭を潰しにかかってたわけです。
危なかったんです。
じゃあなぜ潰れたのか?というとアメリカの力が働いた。
アメリカは拉致でないです。
核です。
核問題で絶対に譲歩しない、いうことで日本に強い圧力をかけたんです。

実は金丸はですね、当時の谷野というアジア局長をワシントンに送って、「核問題は米朝でやってください」と。
「日朝国交正常化交渉では核は扱いませんと言いに行け」といって、言いに行ったんです。
そしたらワシントンはカンカンに怒って、「核問題では1ミリの譲歩もしないからな」と。
「日朝国交正常化交渉でも核をやれ」と言われて帰ってきたんです。
これはワシントンの駐在の当時の特派員から聞きました。
日本も当時の91年からの交渉に核を出すわけです。
それで3回目に田口さんのことを出すんです。
これは警察が必死に捜査したわけです。
しかし増元さんのことは出さなかった。

槙田というアジア局長がいたわけですね。
2000年に何かのことで陳情に行ったんですね。
私と増元さんと横田早紀江さん3人しかいなかったんですね。
何か他の人ちょっと都合が悪くて。
あ、荒木さんもいたか。
荒木さんと4人で行ったんです。

そしたら偉そうにしててね。(ふんぞり返る仕草をする)
もう本当に嫌だけど会ってやってるというのが顔に出てるんですね。
それで私は拉致問題に詳しい」、詳しいというやつは悪いやつです。(笑い声)
「私は拉致問題に詳しいんです」っていうんですね。
だから「何ですか」って聞いたら、「前回の日朝交渉決裂したでしょ?」
「その席に私いたんですよ」って言うんですよ。
それでもう僕はかぁ~っとなって、「ここに増元さんがいる」と。
「あなたは1回目から8回目までの交渉で増元るみ子のまの字も出したのか?」と。
「素人だと思ってなめるんじゃないぞ!」ってそう言ったんですね。(笑い)
「あなたは家族ですか?私は家族としか話さない」って真っ青になって。(笑い声)
まあそれ以上は喧嘩しませんでしたけども。

だから外務省は、警察は88年に増元るみ子の拉致の疑いは十分濃厚だと言ってるんですよ。
ただ国交が無いから駄目だって言ってるんでしょ?
じゃ国交交渉すればそこに出せばいいじゃないですか?
じゃあ、いつ出すんですか?
国交交渉で出さなかったら出す場所が無いのに出さなかったんですよ?
有本恵子も出さなかったし、増元るみ子も出さなかったんですよ。
田口八重子について、一回だけ出してるんですよ。
3回交渉で。
警察が記者会見したからね。
したら北朝鮮が席を立ったんですよ。

そしたら外務省どうしたか?というと、秘密にいろんな学者を送ったりとか、外務省の役人を平壌に送って北朝鮮に何とか頼んで第4回交渉やりましょうと。
第4回交渉から拉致問題は我々本会談出さないから戻って来てくれと言ったんです。
それで出さないことにして、でも日本の世論があるから本会議では出さないけど、実務協議と称して主席代表がいないナンバー2同士が別室で、「前回お願いした田口さんの調査はどうなってますか?」と聞くわけですよ。
それを北朝鮮側は黙って聞くわけですよ。
何も答えない。
それで日本側は「拉致問題も出しました」と言うわけですよ。(笑い声)
北朝鮮側は「出しませんでした」って言えるわけです。(笑い声)
ということを4.5.6.7.8回とやったわけです。

ところが8回目になったらその別室での交渉でも北朝鮮はけしからんと言い始めたんですよ。
さすがに日本側は我慢出来なくなって決裂になるわけなんですけど、その背景にはアメリカが「核問題でこれ以上交渉するな」と、日本に圧力かけてきたのがあるんです。
核問題でアメリカが強い態度をとったので日朝は進まなかったんですよ。
しかし、94年で核が妥協したんです。
クリントン政権の中途半端な立場でジュネーブ合意というのが出来たんですね。
そしたらば、電話がかかってきまして、当時の村山総理に「日本は10億ドル出してくれ」と。
拉致問題が一切解決してないのに、「分かりました」って言ってアメリカに。
北朝鮮に対して10万ドル出したんです。
それが経過なんですけども。

88年から97年まで間っていうのは外務省と自民党の当時、金丸以降ず~っと竹下派内閣ですよ。
中曽根さんも竹下の力でなったわけでしょ?
小泉政権になって初めてそこが切れるわけですよね?
だから政府与党と外務省にとって、有本さんたちは敵だったんですよ。
だから扱いが厳しかった。
そして申し訳ないんですけども、僕らは91年、有本さんたちの事件を知ったのは週刊誌の報道で新聞の報道で91年で、そのときに救う会を作っていれば、一緒に行動していればこんなに孤立されなかったのかな、というふうに思うんですけども。

僕らは当時金丸訪朝反対のキャンペーンをやってまして、拉致については私91年の3月の「諸君」という本に私論文を書いたんですね。
そしたら周りの人に「お前、命の危険は無いのか?」とずいぶん心配されて。
拉致のことを書くだけで、そういう時代だったですよね。
そういう中で大阪にいらっしゃったということもあって、会いに行ってもうちょっとお手伝いすればよかったかな、と今の話を聞いて思ったんですけども。
だから僕らは91年の時から関心があったので石高さんにも記事を書いてもらったし。
石高さんに情報を出した身元の人にも接触をして、めぐみさんのことに間違いが無いと思ったので、家族会を作った後救う会を作ったんですけど。

87年から88年というのはひとつのピークだったんですね。
警察は本気になろうとしたけれども、逆に自民党と外務省はそれを押し潰して国交正常化に向かおうとした。
でもそれは93年4年のアメリカの核問題の緊張で一応止まったと。
逆に言えば核問題が起きてるわけです。
ここで何回も申し上げてますけども、私たちの問題意識は93年4年のときの苦い経験があるもんですから。
国際社会は拉致問題は置いていってしまう。
北朝鮮問題が大問題になるのは、核問題であると。
そしてアメリカも今本格的に北朝鮮問題に取り組もうとしてますけども、それはあくまでも核問題で。
拉致問題について日本政府が独自にきちんとした対応をしなければ、いつでも置いてかれてしまうと。
ということなんです。
北朝鮮は今日、6者協議に出ないといったわけですよね。
家族会の見解をあとで増元さんと飯塚さんにお話いただこうと思ってるんですけども。
◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(7)

 西岡力氏のお話 3

これで逆に時間が無くなって来たと思ってます。
アメリカと北朝鮮の緊張はどんどん高まります。
6者協議アメリカは止めてもいいと思ってたのに、向こうから止めると言ってきた。
安保理事会に持っていけるわけです。
安保理事会に持っていけるための手続きとして6者協議をやってたわけです。
本来であれば核拡散防止条約に入っていながら、核武装をしていたことが明らかになったらば、安保理事会に扱うべきことなんです。
イランは今安保理事会に来てるわけなんです。
イランは作ろうとしている段階で安保理事会に行ってるわけです。
北朝鮮は核兵器持ったと公然と言ってるわけです。
で、まだ安保理事会に行ってないと言うのはおかしいわけです。

なぜ行ってないかというと、中国が間に入って北がアメリカとなら話し合いをしたいと言ってるから、話し合いで解決しようじゃないかと。
アメリカは北朝鮮は信用出来ないから関係国全部ならと言って、6者協議になってるんです。
それが去年の6月以降開けない状況なわけですね。
そして北朝鮮の方から(6者協議に)来ないと言ってるんですから、近く安保理事会に行くでしょう。
そうすると93年94年の再来になるわけです。
核問題で米朝、国際社会対北朝鮮の緊張が高まる。
戦争のぎりぎりまで行くと思います。

で、北朝鮮は負けるんですよ。
負けるのは目に見えている。
どういう形で負けるか?ってだけです。
その場合に最後になって手を上げたりなんかする段階になっていろいろ言うでしょうね。
脅しもするし、泣き喚くし、助けてくれとも言うでしょうし。
助けてくれと言ってきた時に核の大部分を止めろということになるかも知れない。
でそしたらば、アメリカの国務省はそれで良いと言うかも知れない。

拉致はテロだって我々が言ったのは、アメリカはテロとの戦争を戦っているのに、自分の国の被害の遭ったテロだけは妥協せずに戦うけれども、世界中のテロと一緒に戦わないのか?と。
核問題が解決すれば拉致問題解決しないまま、北とアメリカは国交正常化するのか?ということだったんですけども。
アメリカは北朝鮮人権法を通して、拉致問題解決しない限りそれも日本人だけじゃなくて韓国人拉致も解決しない限り、経済協力しないと書いてあるんです。

だからアメリカはもう大丈夫なんです。
拉致と核を一緒にやるというのはブレが無いわけです。
北朝鮮は日本とアメリカを何とか分断しようと思って、偽の遺骨を出してきて日本を黙らせてがっくり。
これで偽の遺骨だけど偽だと分からないだろうと思って、家族をがっかりさせて1月から日朝国交正常化交渉に入ろうとしたんです。
それが失敗したもんだから、日本に対して厳しいことを言ってアメリカに少し手腕を送ったんですね。
アメリカは表現は軟らかくしましたけど、北朝鮮の核武装の野望を打ち砕くと言ってるんです。
止めろということです。
そして人権法は法律ですからね。
政府が何と言おうと動かないわけです。

多分裏交渉いろいろしてたと思うんですけども、今年のアメリカのグローバル・テロリズム・レポートには韓国人拉致も書き込まれる可能性が高まってます。
アメリカの下院議長も含む20人の国会議員が韓国人拉致で声明を出したんです。
「北朝鮮が韓国人拉致についてきちんとした対応をしない限り、北をテロ支援国リストから外すのは反対である」とアメリカの下院議長が言ってるんです。
そういう状況になって、日米を今度アメリカをやろうと思ったんだけど、アメリカは全然動かないから。
核を持ってるんだと脅して今度は中国と韓国に慌てさせて、このままいったらば緊張が高まると大変ですから。
中国と韓国はアメリカを説得してくれってことで、核を持ってるとか6者協議やめるとか言ってるんだと思いますけども。
日本とアメリカが動かなければ、向こうは手出しできないです。

ただ問題は最後の所になってですね。
後半年とか一年経って、ぎりぎりの緊張が高まって妥協と言うステージになったときに拉致問題がどこまで反映されるか?なんです。
そのためには日本は絶対に拉致が解決するまでODAは出さない、と言う意思表示をしとかなきゃ駄目なんです。
その一番良い方法は、拉致問題だけで制裁をかけることなんです。(拍手)
拉致問題単独の理由で制裁を今かけるチャンスなんです。
偽の遺骨が来たんです。
誰でも国民が納得するじゃないですか?
そしたらば核問題でいくら北朝鮮が譲歩してきてもその制裁は解けないんです。
拉致で(制裁を)かけてるんだから。
そうでしょ?

拉致を理由にして日本が制裁をかけたと言うことを中国や韓国にも示せば、拉致のほうが核より解決は簡単なんですよ。
韓国や中国は慌てて北朝鮮に、核は全部と言うのは難しいからアメリカをすぐ説得するけど拉致もぜんぜん動かなかったら日本が動かないから困るから、アメリカを孤立させるためには拉致はちょっと何かいろいろやれよとか、言うんですよ。
しかし韓国や中国や平壌が、日本が拉致が解決しなくても93年94年みたいに、アメリカに言われれば10億ドルくらい出すんだと思ってれば、拉致なんか動かないですよ。
93年4年の時の日本と違うんだと言うことを国際社会に示すためには単独で(制裁を)かける。
今が一番良いチャンスなんですよ。(拍手)

大状況としては、北朝鮮が話し合いでは言うことを聞かない国だということを自ら認めたんですから、核武装はしてますよとか、6者協議はやめましたよと言ったんですから、いいことだと思います。
北朝鮮の本質が国際社会に明らかになったと言う点ではですね。
しかし日本にとっては早く制裁をかけておかないと、北朝鮮の本質が分かって国際社会が圧力をかけて最後のステージになったときに、もしかしたら拉致問題の一部が置き去りにされちゃうかもしれない。
ぜひ被害者が帰ってくるまで、特定失踪者の問題も含めてね。
ぜひ被害者が帰ってくるまで制裁は解除しない、と言う制裁をかけなくちゃいけない。(拍手)

えっと、マスコミの方への要請もあったりするので、北朝鮮が言ってきたことについて、家族会の飯塚さんと増元さんと有本さん、最後にお願いします。

これで逆に時間が無くなって来たと思ってます。
アメリカと北朝鮮の緊張はどんどん高まります。
6者協議アメリカは止めてもいいと思ってたのに、向こうから止めると言ってきた。
安保理事会に持っていけるわけです。
安保理事会に持っていけるための手続きとして6者協議をやってたわけです。
本来であれば核拡散防止条約に入っていながら、核武装をしていたことが明らかになったらば、安保理事会に扱うべきことなんです。
イランは今安保理事会に来てるわけなんです。
イランは作ろうとしている段階で安保理事会に行ってるわけです。
北朝鮮は核兵器持ったと公然と言ってるわけです。
で、まだ安保理事会に行ってないと言うのはおかしいわけです。

なぜ行ってないかというと、中国が間に入って北がアメリカとなら話し合いをしたいと言ってるから、話し合いで解決しようじゃないかと。
アメリカは北朝鮮は信用出来ないから関係国全部ならと言って、6者協議になってるんです。
それが去年の6月以降開けない状況なわけですね。
そして北朝鮮の方から(6者協議に)来ないと言ってるんですから、近く安保理事会に行くでしょう。
そうすると93年94年の再来になるわけです。
核問題で米朝、国際社会対北朝鮮の緊張が高まる。
戦争のぎりぎりまで行くと思います。

で、北朝鮮は負けるんですよ。
負けるのは目に見えている。
どういう形で負けるか?ってだけです。
その場合に最後になって手を上げたりなんかする段階になっていろいろ言うでしょうね。
脅しもするし、泣き喚くし、助けてくれとも言うでしょうし。
助けてくれと言ってきた時に核の大部分を止めろということになるかも知れない。
でそしたらば、アメリカの国務省はそれで良いと言うかも知れない。

拉致はテロだって我々が言ったのは、アメリカはテロとの戦争を戦っているのに、自分の国の被害の遭ったテロだけは妥協せずに戦うけれども、世界中のテロと一緒に戦わないのか?と。
核問題が解決すれば拉致問題解決しないまま、北とアメリカは国交正常化するのか?ということだったんですけども。
アメリカは北朝鮮人権法を通して、拉致問題解決しない限りそれも日本人だけじゃなくて韓国人拉致も解決しない限り、経済協力しないと書いてあるんです。

だからアメリカはもう大丈夫なんです。
拉致と核を一緒にやるというのはブレが無いわけです。
北朝鮮は日本とアメリカを何とか分断しようと思って、偽の遺骨を出してきて日本を黙らせてがっくり。
これで偽の遺骨だけど偽だと分からないだろうと思って、家族をがっかりさせて1月から日朝国交正常化交渉に入ろうとしたんです。
それが失敗したもんだから、日本に対して厳しいことを言ってアメリカに少し手腕を送ったんですね。
アメリカは表現は軟らかくしましたけど、北朝鮮の核武装の野望を打ち砕くと言ってるんです。
止めろということです。
そして人権法は法律ですからね。
政府が何と言おうと動かないわけです。

多分裏交渉いろいろしてたと思うんですけども、今年のアメリカのグローバル・テロリズム・レポートには韓国人拉致も書き込まれる可能性が高まってます。
アメリカの下院議長も含む20人の国会議員が韓国人拉致で声明を出したんです。
「北朝鮮が韓国人拉致についてきちんとした対応をしない限り、北をテロ支援国リストから外すのは反対である」とアメリカの下院議長が言ってるんです。
そういう状況になって、日米を今度アメリカをやろうと思ったんだけど、アメリカは全然動かないから。
核を持ってるんだと脅して今度は中国と韓国に慌てさせて、このままいったらば緊張が高まると大変ですから。
中国と韓国はアメリカを説得してくれってことで、核を持ってるとか6者協議やめるとか言ってるんだと思いますけども。
日本とアメリカが動かなければ、向こうは手出しできないです。

ただ問題は最後の所になってですね。
後半年とか一年経って、ぎりぎりの緊張が高まって妥協と言うステージになったときに拉致問題がどこまで反映されるか?なんです。
そのためには日本は絶対に拉致が解決するまでODAは出さない、と言う意思表示をしとかなきゃ駄目なんです。
その一番良い方法は、拉致問題だけで制裁をかけることなんです。(拍手)
拉致問題単独の理由で制裁を今かけるチャンスなんです。
偽の遺骨が来たんです。
誰でも国民が納得するじゃないですか?
そしたらば核問題でいくら北朝鮮が譲歩してきてもその制裁は解けないんです。
拉致で(制裁を)かけてるんだから。
そうでしょ?

拉致を理由にして日本が制裁をかけたと言うことを中国や韓国にも示せば、拉致のほうが核より解決は簡単なんですよ。
韓国や中国は慌てて北朝鮮に、核は全部と言うのは難しいからアメリカをすぐ説得するけど拉致もぜんぜん動かなかったら日本が動かないから困るから、アメリカを孤立させるためには拉致はちょっと何かいろいろやれよとか、言うんですよ。
しかし韓国や中国や平壌が、日本が拉致が解決しなくても93年94年みたいに、アメリカに言われれば10億ドルくらい出すんだと思ってれば、拉致なんか動かないですよ。
93年4年の時の日本と違うんだと言うことを国際社会に示すためには単独で(制裁を)かける。
今が一番良いチャンスなんですよ。(拍手)

大状況としては、北朝鮮が話し合いでは言うことを聞かない国だということを自ら認めたんですから、核武装はしてますよとか、6者協議はやめましたよと言ったんですから、いいことだと思います。
北朝鮮の本質が国際社会に明らかになったと言う点ではですね。
しかし日本にとっては早く制裁をかけておかないと、北朝鮮の本質が分かって国際社会が圧力をかけて最後のステージになったときに、もしかしたら拉致問題の一部が置き去りにされちゃうかもしれない。
ぜひ被害者が帰ってくるまで、特定失踪者の問題も含めてね。
ぜひ被害者が帰ってくるまで制裁は解除しない、と言う制裁をかけなくちゃいけない。(拍手)

えっと、マスコミの方への要請もあったりするので、北朝鮮が言ってきたことについて、家族会の飯塚さんと増元さんと有本さん、最後にお願いします。
◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

有本惠子さんを救うぞ東京集会(8)

◆飯塚繁雄 副代表のお話 

皆さん遅くまで大変ご苦労様です。
いろいろ動きが激しくなってくる中で、我々いろいろ考えが及ばないところもあるんですけども。
いろいろ解説を聞きまして、北が6カ国の協議に出ないと。
これは日本のせいだと、いう雰囲気が私には感じられます。
と言う事は逆に拉致の問題ってのはものすごく向こうは注目って言うか、注視している。
そういう表れではないかな?と
という事は逆に西岡さんが言ったように、今が北にハッキリした態度を示すいいチャンスではないか?と。
いう風に考えます。
我々は口を軽くして、経済制裁・経済制裁って言ってますけども、これは本当に家族の人たちからすればいろんなリスクを当然考えるわけですね?
もしかしたら解決の糸口が切れてしまうんじゃないか?
さらに言えば殺されてしまうんではないか?とか。
そういった思いを込めながら、しかしこれをやらなければいつまで経っても解決しないと。
いう固い決意でですね、北に対する強い態度をぜひ、ということで、一昨日も官邸の方に500万の署名を持って行きながらお願いしてきました。
まぁ、官房長官しか会えなかったんですけど。
「皆さんの気持ちを汲んで頑張ります」とは言ってくれましたけどね。

私も昨日曽我ひとみさんのお父さんの告別式に行って参りました。
寒い雪のある葬儀場だったんですけども。
一貫してひとみさんはまっすぐ顔を上げられなく、目を真っ赤にしてですね。
こんな事件がなければもちろんこんなお葬式もなかったろうと、いうような気持ちで。
お母さんに、ぜひお父さんを会わせてあげたかったという思いがまだまだ強く残っていると。
悲しみの中にいると、いう感じでした。
幸いにももちろんひとみさん本人、それから子供たちも帰ってきて、一時会って生活が出来ましたけども。

やっぱりそういうことを考えますとですね、待ってる家族。
もちろん向こうに連れて行かれた被害者が一番大変ですけども、それを救出する、あるいは救出活動する待ってる家族の方がですね。
そしてどんどん年をとって行きます。
我々もそうなんですけど、やはり帰ってきた後の被害者のケアをしなくちゃいけないんですね?
精神的なもの、あるいは経済的なものを含めて、きちっとフォローしてあげなければいけないという責任まで我々は考えております。
従ってその余力を取っておかなければいけないと、言うこともありますので。
一刻も早くこの問題を解決していただきたい、という一心で、信念でおります。
早紀江さんも全身痛くて、今日も明日も昨日も一昨日も、という感じで全国を回ってます。
有本さんのご夫妻も一番高齢ですけども、(明弘氏の声・・・ただし言葉は聞き取れず 会場笑い声)奥様も足を引きずってですね、皆さんに訴え続けています。

私たち専門家じゃないですから、あんまり難しいことは言えませんが。
ただ言えるのは、ハッキリと向こうが認めた拉致。
被害者を帰して欲しいと。
それだけなんですね。
それを皆さんに、大きな力を頂くためにいろいろ訴えております。
その効果もあってやっとここまで来ましたけども、これからがいわゆる正念場かと思いますが。
いろいろ聞きまして難しい問題が山積している中でいろいろ悩むんですけども。
国民の皆様の声が一番強いということを信念に置きまして、私たちこれからもまた頑張っていきます。
よろしくお願いします。(拍手)



◆増元照明事務局次長のお話

こんばんは。
家族会の増元です。
さっき電話があったのは日経の新聞社が
「なぜ今この時期に北朝鮮がこの時期、『6者協議に出ない・核を保有している』というふうに言ったと思いますか?」って言われまして。
やはりよく考えると日本国内で経済制裁に関する要求が高まってきてると。
実際今年になって万景まだ入ってきてませんから。
これは改正油濁損賠法というのがありまして、これを1月から施行しているのが新潟なんですけど。
今、中国の保険会社の方に要請しているらしくて、4月の10日くらいには入ってくるんではないか?と先ほど言われておりました。

でも実際万景がここまで入ってきてない。
2月の16日は金正日の誕生日なんですが、それにメロン持って行ってない(笑い声)
やっぱり直接金正日が「なぜなんだ?」ということを気付いた。
で、「脅せばどうにかなるんではないか?」とまだ瀬戸際外交やってるではないか?と思いますけど。
6者協議に出ない理由として、「日本がこういう敵視政権やってるから出ないんだ」と、中国とアメリカに言うとする。
中国とアメリカはじゃあ、「日本はもうちょっと拉致問題出すなよ」と言う可能性が出てくる。
そのとき日本はじゃあどうするのか?

それを考えていかなければならないと思うし。
先ほど西岡さんがおっしゃったように、日本の立場を明確にこの時期にやっておかなければならない。
拉致問題の6者協議で拉致問題出しますよ?当然。
この拉致問題が解決しなければ経済制裁はありますよ?と。
ということを明確にアメリカにも、中国にも、言っていかなければならない。
中国が、本気で「あっ日本も本気なんだ」と初めてそう思ったら中国は北朝鮮に圧力をかけざるを得ない。
中国は今宗主国でもありますし、議長国ですから。
6者協議でまとめたいというふうに思ってる。

アメリカも一応あんまり北朝鮮に興味ないとしてるんですが、ただ核を持たせるのだけは駄目だと思ってるわけですから。
金正日政権の案件を 6者協議に出して一応まとめる姿勢だけは見せなきゃいけない。
これが崩れたら安保理だと考えているはずですから。
だからどっちにしても出させなければならない。
でも日本が毅然としてやってたら両方の大国が北朝鮮に対して動かざるを得ないということになってる。

ここで日本政府がどうするんだ?と。
「6者協議に出ない・核を持ってる」
この報を受けて日本政府がどういう対応をするか?
私は多分小泉さんがまた弱気になるんだと思いますが。(笑い)
国民の皆さんがどうするか?ということです。
こんなことを言って、じゃあ拉致問題を棚上げするようなそういう機運があるとすると、私たちはやっぱり声を上げていって頂くしかない。
国民がこの国の政策を変えていかなければならない。
小泉さんの弱気を変えていかなければならない。
小泉さんが日本を売ったとすると、辞めてもらうしかない(拍手)

日本の中の経済制裁の機運、さほど変わってないから向こうも困ってるんです。
それがああいう無謀な瀬戸際政策の発言になってるんではないか?と言う私の感想です。
そこではわれわれは絶対に屈してはいけないし。
あんなのに屈したらどこまで付け込まれるか分かりませんからね。
ここは日本として毅然としてやっていただきたいと思っています。
よろしく願いします。(拍手)



◆もう一度、有本明弘さんのお話

  私はこの運動長年してきて、結局アメリカと北朝鮮とものすごい緊張感が高まる。
出来るだけ早い時期がええと、そういうような観点でおりましたので、いよいよそういう(時期に)近づいてきたなと思っております。
私の見方は、アメリカの大統領としたら、朝鮮戦争が終わって50年になるんですね?
今度戦わずして韓国がツルル~~~っと北朝鮮に取り込まれてしまった。
これアメリカとしたらどういうふうな気持ちか?
「許さん! 」と、これしかないでしょ?
あれだけの軍事大国が戦わずしてツルル~~~っと飲み込まれよった。
日本の状況もアメリカ皆知っとるよ?
ツルツルツルっと日本もやられてしまうとこまで、アメリカ見とんのよ、これ。

そういうなかで今国民は経済制裁賛成と、ここまで日本の国は変わってきた。
だからアメリカはあの国を、とにかく北朝鮮の金正日を許さんと。
僕はそういうような観点でずっと運動をやってきたから、いよいよ最終的な面に近づいてきたなと。
最終的な面に近づいてきた時点では、向こうは必ず日本の国に脅しをかけてくると。
そういう見方もしとった。
だから脅しをかけて来たら、向こう寄りの人がいっぺんおるの、目に見えきれんけれどね。
これらの人がまた、そういう軟弱な言い方をすると。
それをささんためにも、未来の人がしっかりしてくれたら。
日本の国が一体となって北朝鮮に厳しく迫れる。
そのためにはトップが動いて、今も言ったようにアメリカの核とミサイル、これに拉致もセットして共同で向こうに厳しく迫っていく。
こういう体制を出来るだけ早い時期に構築しておかなければならない。

そうすることはどうすることか?
やはり小泉さんに退いてもらって、テレビタックルでやっておったでしょ?
次の総理大臣は誰か?
阿部さんが圧倒的に多かったのよ。(拍手)
西村眞悟は、「平沼さんや」と。
これしかないんです。(拍手)
これがなぜか?分かりますか?

阿部さんはこのおかしな自民党、これを説得する側に立たなければならない。
そして朝鮮半島が傾いた時点でその公式によって、(総理に)なる。(くすくす笑い)
だから今は平沼さんをやったら、これ野党挙党体制が出来るのよ?(くすくす笑い)
これしかないんですよ?
日本の国、政治家ひとつになる。
もう国民はひとつになってるのやからね。
やれと。
こういう体制を早急に構築せねばならない。
だから、小泉さん辞めてもらうしかないのよ。(拍手 「その通り!」の声)
小泉さんが任期までおって国民の大半がね、自民党をぶっ壊す言うた人に物凄い声援を送ってるのよ。
国民はみなそんな考えをもっとるのよ。
自民党も、と言うことは支持ないのよ。
だから国民の信頼を得る、こういう人というのは、やはりこの「制裁せい」と言う人の期待に応える。
こういう体制を自民党が作らねばならない。
これしかないのよ自民党は。
政権の座に着こうと思えば。
だからそれだったら小泉さん、任期までやらさしたらいかんのよ。(拍手)
すぐに辞めてもらう。
その平沼さん、挙党体制を作って、朝鮮半島が片付くまではこれでいくんだと。
これみんな国民賛成してくれるよ?(拍手)
それしかないのよ。

わしら自民党一本でおる。
え~~と、中二階いうとったけどな。
4階5階の連中、これみんな朝鮮総連にやられてもうとる。
だからこの状況が生まれて来とる。
なぜか?
朝鮮総連を、一言で「困ってるんやから助けたる」と、1兆何千億もの税金を注ぎ込んでしもた。
それと朝鮮総連を手入れする。
これ情報が漏れてもうて、行ったらダンボールに2~3杯にしか資料がなかった。
これで終わってるのよ?
そんなおかしいことないですよ?

朝鮮総連のトップ引っ張ってきて、「どこに隠したんや?」と、泥を吐かせる。
これしかないのよ?
何もやってないのよ?
やろうとしたのか、やらされなかったか。
とにかく我々の眼から見たら、とんでもない話でぶん殴ってやりたい。
そういう思いでわしらは朝鮮総連の問題に関しては見とる。
そういうような・・・
(「はい、ありがとうございました」の司会者の声。西岡氏時計を指して「時間です」の合図)
(会場内、拍手と笑い)

8時55分に集会終了

◆―――――――――――――――――――――――――◆
この記事が参考になった方は、下記バナーをクリックしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまつみの声さん投稿集 | アンデスの声さん投稿集 | ドキュメント北朝鮮 | ファン・ジョンヨブ氏の証言 | フレーズ | 南越谷集会(2006/9/18) | 原敕晁さんを救うぞ東京集会 | 古川了子さん行政訴訟-9(2007/4/26) | 古川了子さん訴訟関連 | 古川了子さん関連 | 和光市集会(2007/2/11) | 国民大集会Ⅵ(2004/4/30) | 国民大集会(2005/12/22) | 国民大集会(2006/05/28) | 国民大集会(2007/4/22) | 国民大集会7(2005/4/24) | 埼玉県民集会(2007/10/20) | 埼玉関連集会 | 増元るみ子さんを救うぞ東京集会 | 大宮集会(2007/3/10) | 大阪集会(2006/9/10) | 寺越一家を救うぞ東京集会 | 市川修一さんを救うぞ東京集会 | 座り込み(2005/6/24~26) | 怒りの日から5年、緊急集会(2007/9/16) | 戦略情報研究所 (2006/3/24)惠谷治氏 | 戦略情報研究所 (2006/2/24)佐藤守氏講演 | 戦略情報研究所 (2006/4/21)荒木氏 | 戦略情報研究所講演(2007/5/25) | 戦略情報研究所講演(2007/7/20) | 投稿文記録 | 拉致問題 | 日本再生フォーラム集会記録(埼玉) | 日韓連帯東京集会(2006/5/27) | 時流 | 曾我ミヨシさんを救うぞ東京集会 | 有本惠子さんを救うぞ東京集会 | 東京集会 | 東京集会24(2007/1/18) | 東京集会26(2007/3/10) | 東京集会27(2007/4/10) | 東京集会28(2007/5/30) | 松木薫さんを救うぞ東京集会 | 横田めぐみさんを救うぞ東京集会 | 横田家のことば | 消えた277人 | 渋谷街頭活動(2007/9/17) | 燕山の声さん投稿集 | 特定失踪者関連集会 | 田中実さんを救うぞ東京集会 | 町田集会『救出してみせる』(2006/10/8) | 町田集会(2005/7/18) | 神奈川県民集会(2006/4/16) | 福留貴美子さん拉致事件を考える集い(2006/6/3) | 第15回藤沢集会 | 第16回藤沢集会(2007/3/31) | 第五回埼玉県民の集い(2007/10/20) | 第5回国民大集会(2003/5/7) | 緊急国民集会(2004/9/17) | 緊急集会テキスト(2007/2/12) | 茨城県那珂市集会(2006/10/15) | 荒木和博氏講演集 | 藤沢市民集会(救う会神奈川関係) | 記録 | 資料 | 越谷集会(2007/2/12) | 都道府県別特定失踪者リスト | 集会テキスト